伊賀上野・草津(吟行句)

             

チュヌの主人が芭蕉ゆかりの伊賀上野草津俳句仲間と行したときの仲間の俳句を掲載します(順不同)。

(青色の文字をクリックして関連のサイトの解説記事や歳時記、写真などをご覧下さい。)

      

道灌てふふるまひ酒や秋うらら  (文子)

木の根張る鍵屋の辻高音  (順子)

枯蓮の影に触れたり蓑虫庵 (寧伸)

警報のやうに咲き出す曼珠沙華 (美娜)

松手入れ庭師の指の細やかに (美津子)

身に入むや墨跡残す吉良浅野 (知子)

木犀や蛙の句碑に日の斑揺れ (眞知子)

道灌蔵の試飲あれこれ豊の秋 (律子)

伊賀の里鈴なりの柿輝けり (栄治)

天高し跳ねる上野城 (かず)

通り土間へ秋の明かりや無双窓 (良子)

小鳥来るやっぽんぽんてふ甲賀の湯 (さとし)

    

6月以来「安保法制関連法案」の問題にかまけて主に「政治談議」を書いたが、次回は「小鳥来る」「鳥渡るなど、小鳥」の季語にかかわる俳句について書くことにしたい。

        

コメント(7)