« 街角の花を潤ひ走り梅雨 | メイン | 採血日梅花空木の花咲けり »

2022年5月18日 (水)

俳句 《柚子の花》

   
22518今年は生り年になるのか、躑躅が咲き誇っていましたが、散り始めて醜くなったので手入れをしていて、今朝、柚子が咲いているのに気付き、駄句を口遊みました。

   

柚子の花言葉は「健康美」、「恋のため息」、「汚れなき人」だそうです

  

コロナ」は根絶出来ないでしょうから、「With Covid-19」の生活を「まんぽ俳句」を口遊んで凌ぎましょう

    

・柚の花吾庭の隅に楚々と咲き

躑躅散り柚子咲き初めし今朝の庭

・生り年か今朝の日差しに柚子咲きぬ

柚子一つ浮かべし風呂の香りかな

            (薫風士)

  

「575筆まか勢」の「柚子の花」の冒頭の例句を掲載させて頂きますが、例句の詳細はここをクリック(タップ)して、ご覧下さい

   

・こころ病む日の香りとも柚子の花

           (鷲谷七菜子)

     

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

コメント

若葉の俳句

コメントを投稿