« 虚子100句英訳をHIAホームページでご覧下さい。 | メイン | 俳句:「立夏」・「夏に入る」・「夏来る」 »

2018年5月 5日 (土)

俳句:「こいのぼり」・「鯉のぼり」・「鯉幟」

     

Cimg6181_2

昨日のプレバト(俳句)では賑やかな司会と句評に例のごとく出演者が沸いていました。

夏井いつきさんの添削に感心することが多いのですが、「学び舎の頭上五月の空は海」はやや腑に落ちません。「鯉」は淡水魚ですから、鯉幟の比喩に「海」を用いるのは不適切な気がします。「学び舎の五月の空を泳ぐ鯉」と添削すると、「平凡すぎて面白くない」と言われるでしょうか?

     

チュヌの主人は次のように親しみやすい俳句を作ることに心がけていますが、「凡人の最たるものである」と酷評されるでしょうか?

・いつの日も子等は希望よ鯉幟

・来ぬ孫の恙なきをと鯉幟

・来ぬ孫に写真をメール鯉のぼり

    

歳時記(俳誌のSalon)から親しみやすい俳句を掲載させて頂きます。 

(歳時記の詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。)

    

鯉のぼり

・鯉のぼりあげる祖父の手節くれて (熊谷みどり)

・六甲の風に育つ子鯉のぼり (山田弘子

・真つ新の家に翩翻鯉のぼり (田中みのる)

  

鯉幟

・鯉幟影のをどつてをりにけり (稲畑汀子

・泳ぐ日も拗ねる日もあり鯉幟 (米山喜久子)

・鯉幟手摺に尾びれじやれてをり (村田とくみ)    

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34124811

俳句:「こいのぼり」・「鯉のぼり」・「鯉幟」を参照しているブログ:

コメント

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。

「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html
をご一読下さい。

「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かりますよ。

(薫風士)

「まんぽ俳句会」会員募集
 
俳句は難しいと思い込んで、
「食わず嫌い」になっていませんか?
俳句は楽しむものです。
初心者が「名句」でなく「迷句」を作っても
恥じることはありません。
「迷句でも楽しめば良い」と割り切って
5・7・5を口ずさみましょう。
その内に、まぐれでも「名句」が出来るのが、
俳句の面白さです。

「ハイク (hike)」で「俳句」を作ろう!
「徘徊」でなく「俳諧」を楽しもう!
「廃人」でなく「俳人」になろう!
  
「まんぽ俳句会」は人それぞれが個性を生かして俳句を楽しむための敷居を低くし、奥の深い俳句の世界へ飛び立つ「巣立ち」までの「巣箱」になることを意図しています。
 
薫風士

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html

「令和」への期待を込めて書いた「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

世界平和への思いを込めて「令和」の俳句をブログにしました。
「新元号祝ひ『花見』の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

コメントを投稿