« 四季の雲《夏の雲・雲の峰》(特集) | メイン | 「若葉」の俳句特集 »

2022年6月10日 (金)

「梅雨寒」の俳句 (ウクライナに思いを馳せて)

    

1476

 (写真)

カラー図説 日本大歳時記「入梅」「梅雨寒」などのページ

タップ拡大すると解説と例句をご覧になれます。

22615

5月15日に東北地方も梅雨入りしました

下記の俳句はウクライナ応援と写真説明用のブログ俳句です。

写真をタップ拡大してご覧下さい。

  

・梅雨寒の青き桃の実雨雫

     

梅雨寒に思ひ馳せるやウクライナ

  

青い桃が熟す頃にはウクライナ戦争が終結することを祈っていますが、世界のリーダーが互いに相手を非難し合っている状態で、祈り空しく、この戦争は当分収まりそうにありません。

悲しいことですが、已むを得ません

何事せよ自分には出来ないと諦めて他人まかせや政治家任せにせず、少しでも知恵を出し合って平和な世界を確立する地道な努力を続けたいと思って、ささやかなブログを書いています。

ウクライナ応援のブログ用拙句を前座に掲載しました。

  

「歳時記」(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」から、平和な日常を詠んだ「梅雨寒」の例句を気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。

例句の詳細は青色文字(季語)をタップしてご覧下さい。

     

・ふたりゐてものを噛む音梅雨寒き    

           (斧田綾子)

    

梅雨寒や近くを過ぐる救急車  

          (菅野日出子)

     

うとましや声高妻梅雨寒も

         (久保田万太郎) 

    

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

コメント

コメントを投稿