« 子規の忌や俳句HAIKUに明け暮れて | メイン | コロナ禍の自産自消や秋耕す »

2020年9月30日 (水)

秋場所や至誠一貫相撲道

20200930_2

(写真)

NHK NEWS WEBの一部分

        

タイトル句は正代関初優勝の「喜びとお祝い」の贈答句です。

白鵬・鶴竜の両横綱がケガで休場し、朝乃山・貴景勝両大関もケガのせいかやや不調なためにコロナ禍の大相撲が低調になる中、正代は力強い相撲で両大関を破り、優勝しました。

「至誠一貫」は関脇正代大関昇進の伝達式の口上に用いた四字熟語です。

新型コロナウイルスの感染症の世界的拡大(死者100万人超)で人々の命や社会活動に大きな打撃を与え、暗いニュースが多い中で、正代関の三度目の正直ともいうべき初優勝・大関昇進は熊本の人々のみならず、多くの人々が勇気づけられる明るいニュースです。

正代新大関は口上通り相撲道に精進してくれるものと期待しています。

  

我田引水ですが、若い人々も「相撲の面白さ」や「俳句の面白さ」を知ってほしいとの思いでこの俳句ブログを書いています。   

大相撲の俳句 <初場所>」や 芭蕉・子規・虚子の俳句、『まんぽ写真俳句』などを楽しもう!(WEB特集)をご一読頂けると嬉しいです。 

  

コメント

「新型コロナウイルスの感染症の世界的拡大(死者100万人超)で人々の命や社会活動に大きな打撃を与え」

「新型コロナウイルスの感染症の世界的拡大(死者100万人超)が人々の命や社会活動に大きな打撃を与え」
のミスタイプとしてご判読下さい。

上記の助詞「で」が正しいとすれば、主語(神・自然)が省略されていると解釈して下さい。

(薫風士)

コメントを投稿