「百日紅」の俳句と写真(特集)

     

Dsc_2222

Dsc_2234

 ・いつの世も祈りは切や百日紅 

   (中村汀女)

    

 掲句は「575筆まか勢」の「百日紅」の冒頭句です。

 台風10号は経験したことのない強い暴風雨になりそうです。

  

新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の収束や台風・洪水が大災害にならないことを祈るばかりです。

  

今朝の「まん歩」から共感する俳句を歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。  

(詳細は青色文字の季語をクリックしてご覧下さい。)

  

・人住むか住まぬか咲くは百日紅 (小黒カツ)

   

・一つ家に表札二つ百日紅 (高橋瑛子)

  

・お隣の百日紅の咲くわが家 (稲畑汀子)  

(この俳句の「百日紅」は「さるすべり」と読むと「字足らず」になります。「ひゃくじつこう」と、「5・7・5」のリズムにして読みます。)

     

百日紅もう父母をらぬ家となり (北崎展江)

   

・古びたる団地にぎはし百日紅 (西本花音)

     

・表札に子の姓並ぶ百日紅 (田原陽子)

 (この俳句は語順を変えて、「表札に並ぶ子の姓百日紅」とする方が良いと思います。「俳句雑感(3)俳句のリズムを考える」参照。)

   

(最後に、薫風士の「まんぽ俳句」と写真を掲載します。)

   

・をちこちの街角さゆる百日紅

  

・コロナ禍や漫歩に愛づる百日紅

  

・コロナ禍や白く逞し百日紅

  

・大房の重きに垂るる百日紅

  

・仰ぎ見る百日紅に朝の月

  

・清貧の自粛の日々や百日紅

  

・ニュータウン旧りし石垣百日紅

    

Dsc_2211

Dsc_2214

Dsc_2215

Dsc_2216

Dsc_2220

Dsc_2225

Dsc_2237

Dsc_2226

コメント(2)