俳句 「時雨」・「しぐれ」

  

季語「時雨」を用いた俳句を歳時記(俳誌のサロン)から気の向くままに抜粋させて頂きます。

青色文字の季語「時雨」をクリックすると歳時記の詳細がご覧になれます。

     

時雨1

家路とは情のあるもの夕時雨 (粟津松彩子)

 

時雨2

幸福論尽きず時雨るる旅の宿 (池田倶子)

  

時雨

朝時雨杉の秀揃ふ美山町 (川野喜代子)

   

時雨

ゆきずりにラーメン啜るしぐれかな (木村茂登子)

  

時雨) 

湯の山てふ湯宿の駅の時雨かな (青木政江)

   

時雨6

小夜時雨上野を虚子の来つゝあらん (正岡子規)

  

時雨

遠州の庭の石橋京時雨 (中村紘)

   

時雨

湯煙の大湧谷や雪時雨 (池谷鹿次)

  

時雨

時雨るるや長信号の交叉点 (吉田宏之)

   

時雨10

桟橋を巨船去りゆく初時雨 (善野烺)

  

コメント(4)