俳句鑑賞 《蛍・ほたる・ほうたる》

         

 ・大蛍()ゆらりゆらりと通りけり 

             (小林一茶

  一茶の俳句にはおおらかな句が多いですね。

   

・学問は 尻から抜ける ほたる哉 

             (与謝蕪村

  掲句の解釈には、Turukame paradise の解説が参考になります。

  (青色の文字をクリックして解説記事をご覧下さい。)

   

・草の葉を落るより飛蛍哉  

             (松尾芭蕉

    

手のうへにかなしく消る螢かな 

             (向井去来

   

・蛍火の今宵の闇の美しき   

             (高浜虚子

   

かたまるや散るや蛍の川の上 

             (夏目漱石

  NPOホタルの会「ホタルと日本人・蛍狩りのサイト「蛍の文化史」に様々な俳句や短歌が紹介されています。 

   

・手から手へ思ひを伝へ初蛍

  掲句は蛍狩りでチュヌの主人(薫風士)が初蛍を捕らえ、仲間に順に見せその喜びを伝えたことを詠んだ俳句です。チュヌの主人にとっては蛍狩りは童心に返る楽しいものです。単に「喜び」とせず、少しロマンチックな表現にして俳句会で高得点を得た俳句です。  

  蛍の鑑賞スポットをインターネットで検索すると、死ぬまでには見ておきたい!関東の美しすぎる『ほたる鑑賞』スポット7選というサイトなどがありました。 

   

  インターネット歳時記には季語が「蛍・ほたる・ほうたる」の俳句が2000句余り掲載されています。気の向くままに下記に抜粋します。 

季語「蛍」などをクリックして俳句の詳細をご覧下さい。

  

蛍1

人殺す我かも知らず飛ぶ蛍  

             (前田普羅 

  

蛍2

浮島にいのち継ぐ火や姫螢  

             (岡田貞峰)

  

蛍3

かこひたる掌にふれずして舞ふ螢 

             (赤座典子)

  

蛍4

螢火を見に來し宿で醉ひつぶれ 

             (片岡祥子)

  

蛍5

蛍の闇にふれたる手のぬくみ 

             (大森美恵)

  

蛍6

手の螢見せて匂ひぬ人の妻  

             (竹貫示虹)

   

蛍7

ゆるやかに着て人と逢ふ蛍の夜 

             (桂信子

   

蛍8

無人駅夜は蛍火の銀座なる  

             (延江金児)

   

9

湯の町の旅の一夜や蛍狩   

             (松元末則)

   

蛍10

蛍より多きギャラリー渓の径 

            (金山藤之助)

   

蛍11

死なうかと囁かれしは蛍の夜  

            (鈴木真砂女

   

蛍12

蛍火の明滅滅の深かりき    

             (細見綾子

   

蛍13

螢獲て少年の指みどりなり   

             (山口誓子

  

蛍14) 

放たれし一夜仮設の蛍かな  

             (松本秀子)

   

蛍15

峡の湯の熱りを冷ます蛍狩  

            (升田ヤス子) 

   

ほたる

朝がきて虫となりたるほたるかな 

             (和田瑞子)

   

ほうたる

ほうたるの匂ひ幼き日の匂ひ  

             (細野みさを)

    

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

コメント(12)