« 青き踏むコロナ蔓延る街を避け | メイン | 椿寿忌(ちんじゅき)やコロナウイルスやり過ごす »

2020年3月27日 (金)

春風や難を転じて福にせむ

    

・雪柳小さき南天両脇に

 

・南天の種を落として鳥帰る 

  

・南天の実の無き房や鳥帰る

  

NHK NEWS WEBによると、国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長は、IOCが東京オリンピック2020の1年程度の延期を承認したことを受けて、「来年パラリンピックが東京で開催されれば、人類が再び一つとなる壮大で世界的な祝典になる」と期待を寄せていたとのことです。

最近のオリンピック参加国が200以上となり、参加競技も多くなっているので、開催の中止や延期は、いずれにせよ、社会的・経済的な影響の甚大さは計り知れません。パンデミックとなったコロナウイルスの感染に打ち勝つべく、日本人のみならず世界の人々一人一人が自重して、この世界的・歴史的難局を克服し、「世界平和への礎」となるようにTokyo2020を是非成功させたいものです。

それにつけても、感染源を科学的に究明して感染拡大防止をすることは肝心ですが、感染被害者に対する偏見的差別(言動や行為)は慎まなければなりません。 

タイトルの俳句と冒頭の雪柳の俳句は薫風士の縁起担ぎの「まんぽ俳句」です。雪柳は小さい5弁の花を無数に雪のように咲かせますが、5弁は5輪を連想させます。生命力が旺盛な南天は庭のあちこちに自生しています。小鳥が実を食って種を落とす結果繁殖しているようです。

コロナウイルスはすごい拡散力があるようですが、発生源の国際的非難合戦をするのではなく、治療薬やワクチンの開発がオリンピック精神に則り国際協力により促進されることを切望しています。

    

Dsc_0757

コメント

巣箱掛け 楽しみ一つ 増やしけり
(薫風士)

コメントを投稿