« 令和初の大相撲初場所 (俳句と写真) | メイン | 芭蕉300句の英訳チャレンジ(41~50) »

2020年2月 5日 (水)

「節分」と「立春」:「まんぽ俳句」と写真

    

鬼やらいコロナウイルス退治を

立春の朝日の綺羅を漫歩する

立春の朝日煌めく駐車場

・街灯のガラスに朝日春立てり

立春の飛び立つ白さ一羽

マンションの双棟光る春立つ日

蠟梅の梢突き抜く空の青

立春の雲無き空の暮れなずむ

立春の一日の漫歩惜しみけり

立春晩酌自粛歯の治療

   

掲句は薫風士の「まんぽ俳句」です。「スマホ世代に俳句に親しみを持ってほしい」との思いで、このブログを書いています。令和の時代の俳句普及の一助になれば幸いです

俳句を詠んだ背景の写真をご覧下さい。

  

Dsc_0269

Dsc_0274

20200204105049604

Dsc_0271

Dsc_0290

Dsc_0299

Dsc_0307

Dsc_0305

Dsc_0316

Dsc_0317

コメント

コメントを投稿