« 「桜」・「花」などの俳句と写真を集めました。 | メイン | 鳥取砂丘と「砂の美術館」などの写真と俳句 »

2016年11月15日 (火)

西近江路・琵琶湖周辺の吟行俳句と写真

Cimg1787_2

Cimg1643

晩秋西江路・琵琶湖周辺(高島市)を俳句仲間(神戸同人)と一泊(今津サンブリッジホテルの吟行旅行・俳句会をしました。初日は近江高島駅から白髭神社鵜川四十八体石仏群乙女の池大溝城址→「琵琶湖周航の歌記念館(今津港)を吟行しましたが、時々強い風が吹いて今津港で帽子を琵琶湖に吹き飛ばされるなどのハプニングがありました。翌日(11月7日:立冬)は穏やかな日和に恵まれてメタセコイアの大並木を車で往復見物し、マキノピックランドでのんびりと吟行し、サンブリッジホテルで句会をしました。因みに、夜明けにホテルの窓から琵琶湖を眺めると日の出の太陽が湖面に映り光が橋のように伸びましたが、ホテルの名称の「サンブリッジ」はその風景とは関係ないそうです。

    

青色文字をクリックすると解説や「歳時記」の俳句などがご覧になれます。写真はクリックすると拡大されます。

チュヌの主人(俳号:さとし)の俳句と写真を下記に掲載します。

行く秋の一日を惜しむ西近江

朱の鳥居すくと琵琶湖暮れの秋

初冬白髭神社翁の碑

・柔和なる鵜川石仏小春の日

比良下ろし止みよろめくや城址の磴

(ひつじ)(うみ)を左右に直線路

・訪ね来し安曇川(やな)崩れ跡

(にお)の群れ朝日に白く黒く飛ぶ

・三角に朝日に光る鳰の水脈(みお

・吹き飛びし帽子拾ふ()鳰の湖

初冬(はつふゆ)の吟行日和ピックランド

ピックとは所縁(ゆかり)を論じ小春の園

小林檎を捥ぎて味見すマキノの園

  

Cimg1646

Cimg1658

Cimg1661

Cimg1664

Cimg1677






 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg1687


Cimg1693

Cimg1709



Cimg1710

Cimg1713

Cimg1745

Cimg1796

Cimg1807


 

Cimg1839

Cimg1862








Cimg1882

Cimg1883

Cimg1890




Cimg1891


Cimg1899_2


 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34003021

西近江路・琵琶湖周辺の吟行俳句と写真を参照しているブログ:

コメント

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

「写真で一句」あなたも吟行の俳句を詠んで楽しんで下さい。

近江路・琵琶湖周辺の吟行旅行から10日過ぎました。
即興で作った俳句を推敲したり、新たな俳句を作ったりして
楽しかった吟行旅行を噛みしめ、下記の俳句を作りました。
・近江路の句友と惜しむ暮れの秋
・茶の花や目じり柔和な石仏
・鳰飛ぶや朝日に白く翻り
・鳰三羽日の出の湖に水脈描く
・吹き飛びし帽子を岸へ鳰の波
・比良下ろし止めばよろめく城址の磴

白髭神社の芭蕉の句碑の俳句は
「四方より花を吹き入れ鳰の湖」
であるが、
「酒楽堂の記」というサイト
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/others/syaraku.htm
には、
「四方より花を吹き入れ鳰の波」
とある。
芭蕉は「鳰の湖」と「鳰の波」と二通りの句を作ったのだろうか?
ご存知の方に教えて頂けると有難い。

リンクさせて頂いた観光情報のサイトを
「高島市HP」とリンクに表示していましたが、
「びわ湖高島観光協会」の作成したサイトであることが判明しました。
ご了承ください。

コメントを投稿