« 俳句鑑賞: 「風花」(コロナ禍の思い) | メイン | 俳句談義(9):「雛祭り」の俳句を集めました (改訂版) »

2021年1月31日 (日)

「節分」・「豆撒」・「豆まき」>(俳句の鑑賞)

  

(改定版)2022.2.3
0583Cimg5903_2

今年は新型コロナウイルス・オミクロン株感染の急拡大により、「まん延防止等重点措置」下の節分を迎えることになりました。

NHK NEWS WEBによると、東京都は1日の新規感染者数が2日連続2万人を超えました

先日見舞いに行った病院の入り口のガラス戸には大きな青鬼と赤鬼の切り絵像が張ってあり、コロナ感染防止のために面会は叶いませんでした。

  

2月3日の節分には自宅で「豆まき」をして、新型コロナウイルスの退散を願う家庭が多いでしょうが、新型コロナの感染者と同居する家族とか濃厚接触者として自宅待機になり、買い物も豆撒きも満足に出来ない方方には、お見舞い申し上げます。

NHK NEWS WEBによると、新勝寺の豆撒は規模を縮小して1分間・参加者制限で実施されたようです

   

2021年の節分は、例年と異なり124年ぶりに2月2日でした。新型コロナウイルスの全世界感染者数が1億人を超え、死者は2百万人を超え緊急事態宣言下でした。

   

ウイキペディアの解説によると、豆まきの「掛け声」の習慣は地域によって様々です。成田山新勝寺真言宗総本山智積院など、節分会に「鬼は外」は言わず、「福は内」のみ唱える寺もあります

     

・福は内はばかり声で鬼は外

福は内はばかりながら鬼も内

豆撒や地球が家よ鬼は外

・恵方巻北北西に黙食す

・コロナ禍の黙食するや恵方巻

    

いずれも薫風士(旧称「チュヌの主人」)の俳句ですが、2句目の「鬼」は「九鬼家」の慣習を意識したものであり、「新型コロナウイルス」のことではありません。

俳句鑑賞: 「風花」(コロナ禍の思い)」に掲載した俳句・記事のように、「グローバル時代」の「パンデミック・コロナ禍」なので、「家の内外」のみに拘るわけにはいきませんが、青色の文字をタップして、「鬼は内」の「謂れ」をご一読下さい。 

  

歳時記などから気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。

季語(青色文字)をクリックすると、全ての俳句をご覧になれますが、「恵方巻」は季語としてまだ認知されていないので「恵方巻」を季語とした例句がありません

   

「歳時記」・節分1

・節分の明けて雀の旗日かな  

            (中村房枝)

  

・節分会警官鬼の道あける    

           (長谷川登美)

   

・コンビニの節分コーナー笑顔鬼 

            (岩松八重)

  

「歳時記」・節分2

・節分を過ぎても今年雀見ず  

            (大坪景章)

  

・節分やうぶな青鬼赤くなる  

            (八木健)

  

「歳時記」・豆撒

・病室に豆撒きて妻帰りけり    

            (石田波郷

  

・豆撒の日は残業をするなと子 

           (稲畑廣太郎

    

節分と豆まき(575筆まか勢

・二三日掃けば出てくる年の豆

            (稲畑汀子

   

・節分の豆少し添へ患者食       

            (石田波郷

  

節分の句(増殖する俳句歳時記

・恐るべき年取豆の多きかな 

           (木村たみ子)

   

青色文字の「俳句」や「HAIKU」をタップすると、それぞれ最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事が掲示されます。

  

0606


   

コメント

楽しい吟行(四季の写真俳句特集)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html

をご覧下さい。 (薫風士)

俳句の鑑賞 <初戎・十日恵比須・残り恵比寿・残り福>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-6309.html

「初鏡」「初髪」の俳句
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-7959.html

をご覧下さい。 (薫風士)

俳句 <着ぶくれ・着膨れ><冬ごもり・冬籠>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-c879.html
をご覧下さい。

(薫風士)

「年越やオミクロン株蔓延りて(医療の在り方)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/01/post-ed54.html

「大晦日」「大年」の俳句(岸田内閣に望むこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-1143.html

「(冬の俳句特集)不意打ちのオミクロン株冬の雷」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/12/post-89b4.html

などをご一読下さい。 

既成の医療体制の見直しや「デジタル田園都市国家構想」の実現を期待しています。

(薫風士)

「プレバト夏井先生の添削を添削する」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/purebato.html

「春」の俳句特集:薫風士のブログ「俳句HAIKU」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/02/haiku-f2f4.html

をご覧下さい。「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かるでしょう。

(薫風士)

コロナ禍の俳句鑑賞: 「春めく」(俳句と写真)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/02/post-5345.html
をご覧下さい。
漫歩をしながら 「まんぽ俳句」を口遊み、
コロナ禍の憂さ晴らしをして、コロナフレイルを防ぎましょう!

(薫風士)

豆撒きは「鬼は内」と唱え、「鬼は外」は言わないのが現代の世の中にはいいですね。

コメントを投稿