« 新年「書き初め」の俳句:「書初」「筆始」「初硯」「吉書」 | メイン | コロナ禍の寒中見舞い冬の虹 (嵐山の冬の虹) »

2021年1月22日 (金)

(まんぽ俳句)写真と一句「枯葉」 

   

・群れ飛びて枯葉になりし夕雀

   

掲句は、昨年の「成人の日」に詠んだ「飛び立つや枯葉に見えし群雀と同じ遊歩道で反対側の情景を句にしたまんぽ俳句です。

広辞苑によると、「群雀」(むれすずめ)は「マメ科の落葉低木」で「春の季語」です。「の群れ」は「群雀」(むらすずめ)です。

    

(写真をタップして拡大すると、がよく見えます。)

Dsc_3528

Dsc_3527

コメント

菅首相! 緊急事態宣言が11都府県に拡大されましたが、新型コロナウイルス対策は正直者が報われるように、

次のようなコロナ対策を是非とも推進して下さい。

「新型コロナウイルス感染防止の対策マニュアル」を整備し、
適合するホテルやレストラン、居酒屋、喫茶店などを認定し、
認定基準適合の準備に要したコストの一部を補助し、
「コロナ対策Bグルメ店」とか、「コロナ対策三ツ星店」とか、「三密防止対策認定店」など、
実態に応じ適切な呼称でコロナ対策を奨励する。
 
「認定基準」は「一律に5人以下」などとせず、「店ごとの定員」や「部屋ごとの定員」などを規定して、一般に公表するとともに、店頭に公示することを義務化し、
公式のパトロールなどのチェック体制も整備する。
認定基準を順守しなかった店や補助金需給申請に偽りがあった場合の罰則等を規定する。
(但し、現在の緊急事態宣言に基づき安易な罰則は反対します。)
 
このような対策をすると、
「安いから行くのではなく、安心できるから行く」ということになり、消費者にとっても業者にとってもメリットがあり、経済効果も上がるでしょう。
(出典)
大寒の俳句(コロナ禍の緊急事態宣言・国際同盟に思うこと)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/01/post-fb08.html

コメントを投稿