« 俳句の鑑賞 「冬に入る」「立冬」「冬立つ」 | メイン | J-E HAIKU in English(バイリンガル英語俳句) »

2018年11月14日 (水)

俳句の鑑賞 「七五三」

 

Img_1958

Img_1966_2

七五三の俳句を「歳時記」(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」から気の向くままに抜粋・掲載させて頂きます。

詳細は青色文字(季語)をクリックしてご覧下さい。

  

七五三1

・家を出てもう背に負はれ七五三 (田口千恵子)

七五三細きうなじの願ひ事 (武岡東西

この村の観音日和七五三 (大橋敦子

宮島の鹿のおじぎや七五三 (影山わこ)

・ジーパンの母に連れられ七五三 (岡本たか子)

 

七五三2

七五三妊婦もつとも美しき (佐藤鬼房

・子等よりも祖父祖母父母が七五三 (稲畑廣太郎

・やさしげに姉が手を曳き七五三 (溝内健乃)

・絢爛の負んぶや抱っこ七五三 (紀川和子)

喜びも倍加双子の七五三 (楯野正雄

 

七五三3

・ひたすらに晴着嬉しき七五三 (大橋晄)

七五三七人育てし親敬ふ (井田実代子

ホスピスに晴着の母子や七五三 (石田康明)

社殿まで抱かれて雨の七五三 (柴田佐知子

線量計つけて被災地七五三 (大西よしき)

 

575筆まか勢

・人の子の育つは早し七五三 (関千世)

・子がなくて夕空澄めり七五三 (星野麦丘人)

・父似の娘母似の息子七五三 (後藤比奈夫

 

最後に川柳紛いの拙句を掲載させて頂きます。

・七五三「いい子いい子」と掲げ上げ

・恙なく七五三祝ぐ三世代

・我が夢は七五三祝ぐ四世代

・祈るには数へ年よし七五三

・祝ふには満年齢の七五三

・神主の商ひ上手七五三

コメント

9月19日は正岡子規の忌日「獺祭忌」です。
「芭蕉・子規・虚子の俳句、まんぽ写真・俳句などを楽しもう!(WEB特集)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/09/web-1bc9.html
をご一読下さい。
「俳句の面白さ・奥の深さ」が分かりますよ。

(薫風士)

「俳句は楽しむもの・苦にするものではない」
若い世代に俳句の楽しさを知ってほしいとの思いから
このブログを書いています。
初心者が「名句」でなく「迷句」を作っても
恥じることはありません。
「迷句でも楽しめば良い」と割り切って
5・7・5を口ずさみましょう。
その内に、まぐれでも「名句」が出来るのが、
俳句の面白さです。

薫風士

漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

ご投稿をお待ちしています。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

(薫風士)

「俳句と川柳: 根本的な違いは何か?」
俳句界のみユネスコ無形文化遺産登録の運動を推進しているのは片手落ち
と思い、ブログを書きました。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/12/2-0408.html
をご覧下さい。
川柳を俳句と一緒に世界遺産に登録すべく
川柳界と俳句界が協調して運動を推進して頂ければ嬉しいです。

コメントを投稿