« チャリティオープンガーデン・ミニコンサート | メイン | 吟行の写真と俳句(大阪市大付属植物園) »

2016年5月29日 (日)

「バラ・ばら・薔薇」 <俳句と写真(特集)>

         

今年も522日にフラワータウン・弥生が丘の高木邸のバラの庭で恒例のチャリティ・オープンガーデン・ミニコンサートが開催された。(コンサートの紹介を兼ねて即興の拙句を2句下記にあげるが、演奏や庭の写真など詳細に興味のある方はココをクリックしてご覧下さい。)

マリンバピアノデュオバラの庭(薫風士)

ポップスに手拍子弾むバラの庭(薫風士)

   

(青色文字をクリックすると俳句の詳細や写真などをご覧になれます)

薔薇の俳句と写真をインターネットで検索すると、歳時記の「バラ」の俳句は「雨宿りしてしばらくはバラの前(山口青邨)」など84あるが、現代俳句が多い。

伝統俳句はカタカナより漢字を好む傾向があり、「薔薇」を用いた俳句は1,200句余り掲載されている。

薔薇(1)」の冒頭には、中村草田男の俳句「寫眞の中四五間奥に薔薇と乙女」がある。この句の鑑賞には「増殖する歳時記」の清水哲男氏の句評が参考になる。   

薔薇(2」の冒頭には正岡子規の句「薔薇の香の紛々として眠られず」がある。

正岡子規薔薇の俳句集はここをクリックしてご覧下さい。

余談だが、「紛々・俳句」を検索すると、俳句美への選択」(立川淳一)という興味深い電子ブックがあった。また、「薔薇・紛々」を検索すると、芥川龍之介の小説「」(青空文庫)のサイトがあった。

薔薇(3」の冒頭には中村草田男の句「手の薔薇に蜂来れば我王の如し」(吹越)がある。

この句の解釈に参考になる句評を探すために「薔薇・王」を検索すると、薔薇王の葬列」という菅野文による日本歴史ファンタジー漫画ウィリアム・シェイクスピアの史劇『ヘンリー六世』及び『リチャード三世』を原案とした作品[1])の紹介記事があった。

薔薇(4」の冒頭には、中村草田男の句「咲き切つて薔薇の容を越えけるも」(美田)がある。

ちなみに、「薔薇の容」を検索すると、伊勢神宮のバラ園神代植物公園の「春のバラフェスタ」などのサイトがあった。

薔薇(5の冒頭には「瞑るは見ることのため薔薇の花」(秋山牧車)があり、薔薇(6の冒頭には「薔薇買って帰れば何か言はれさう」(山口俊平・博士)がある。

薔薇(7の冒頭には「薔薇熟れて空は茜の濃かりけり」(山口誓子)がある。

なお、「575筆まか勢」には深見けん二氏の俳句「薔薇園の薔薇よりも濃き夕茜」があるが、目についた面白い句を下記に挙げる

・薔薇ちるやいちごくひたき八ツ下り 正岡子規

コトバンクによると、「八つ下がり」は「八つ過ぎ」、すなわち、「午前2時、または午後2時を過ぎること。また、その時分。」であるが、「古くなって色などがさめること。また、そのもの。」の意味もある。)

・薔薇ちるや天似孫(テニソン)の詩見厭(あき)たり 夏目漱石 明治三十六年)

・薔薇に付け還暦の鼻うごめかす 西東三鬼

・己れ刺あること知りて花さうび 高浜虚子

・薔薇匂ふはじめての夜のしらみつゝ(日野草城

・薔薇園一夫多妻の場を思ふ 飯田蛇笏

   

ハウステンボスのホ-ムページを見ると、「2000品種、120万本のばら祭」とある。興味ある方はここをクリックしてご覧下さい。  

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33838795

「バラ・ばら・薔薇」 <俳句と写真(特集)>を参照しているブログ:

コメント

世間一般に「いじめ」や「虐待」などが問題になっています。
子供たちの健やかな成長と世界平和への思いを込めて書いたブログ
「究極のラブを!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/01/ultimate-love-fa46.html

「令和」への期待を込めて書いた「新元号祝ひ花見の俳句詠む」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/04/post-e976.html
をご一読下さい。
このブログを皆さんとシェアして頂けるとありがたいです。

「吟行の写真俳句集」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
をお楽しみ下さい。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産へ (草の根運動)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/07/post-06b7.html
をご覧下さい。

「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」
国際俳句交流協会ホームページ掲載記事です。
高浜虚子の俳句の面白さが注記や英訳でよくわかります。
下記のURLアドレスをクリックして是非ご覧下さい。
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/
チュヌの主人(木下聰)

英語俳句や俳句の英訳に興味のある方は
「日英バイリンガル俳句<薔薇呉れて聖書かしたる女かな(高浜虚子)>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/06/post-e4ab.html
をご覧下さい。

今日3月8日は「世界婦人デー」「世界女性の日」です。
宗内敦氏の「演歌つれづれ」第20話「相思(バラが咲いた)」
を読みました。
「ほろ苦い」思い出や「甘酸っぱい」思い出など、
薔薇に纏わる恋の思い出など、
人それぞれに思い当たることがあるでしょうね。
http://muneuchi.art.coocan.jp/enka/ch20.htm
をご覧下さい。

薔薇は愛の花です。
・「色や形で意味が変わる バラの花言葉」
http://matome.naver.jp/odai/2137769192124477301
・「究極のLOVEを実践しよう!」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2015/09/love-99c7.html
をご覧下さい。

ウイキペディアの解説によると、
「サクラ(桜)はバラ科モモ亜科スモモ属[1] (Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称」とのことです。
「桜」・「花」などの俳句と写真を集めました。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2016/11/post-902b.html
をご覧下さい。

コメントを投稿