« 国際俳句交流協会総会に参加 ~「日本人らしさの発見」の著者の講演拝聴~ | メイン | ローちゃんとダンちゃんに会ったよ! »

2014年11月10日 (月)

奈良公園・柳生の里の吟行(俳句と写真)

Dscf0162

Dscf0166

Dscf0171

Dscf0173

Dscf0176

Imga0212

Imga0223

Imga0226

Imga0232

Imga0239

Imga0244

Imga0246

Imga0247

Imga0252

Imga0256

Imga0282

Imga0285

Imga0289

Imga0292_2

Imga0294

Imga0303

Imga0309

Imga0314

Imga0315

Imga0317

Imga0320

Imga0321

Imga0328

Imga0330

Imga0338

Imga0339

Imga0340

Imga0342

Imga0348

Imga0360

Imga0361

Imga0366

Imga0368

Imga0370

Imga0375

Imga0384

Imga0388

Imga0390

Imga0393

Imga0395

Imga0402

Imga0404

Imga0409

Imga0412

Imga0414

Imga0415

Imga0417

2014年11月1日にチュヌの主人は柳生の里円成寺天石立神社一刀石正木坂道場芳徳寺柳生家の墓家老屋敷,etc.)と奈良(奈良女子大正倉院東大寺戒壇堂奈良公園新公会堂,etc.)に仲間と1泊2日の吟行旅行に行きました。

    

(青色文字をクリックすると関連の解説記事をご覧になれます。写真はクリックすると拡大できます。)

       

  

次に仲間の俳句を掲載させていただきます。

    

    

Imga0425

Imga0428

Imga0432

Imga0433

Imga0446

Imga0422

Imga0420

野紺菊昭和の匂ふ木のおもちゃ

          文子

  

行く秋や柳生家墓所の崩れ塀   

         眞知子

    

団栗をポッケトに入れ旅終る

         かず

    

冬の霧走り走りて山洗ふ

         順子

    

愛歌ふ女子大祭や柿たわわ

         寧伸

   

秋時雨一刀石の陰深し

         輝雄

    

湧ける山懐大和棟

         良子

   

天平の甍に映える櫨紅葉

         栄治

    

一刀石の割れ目鋭し秋深し

         律子

   

霧にけぶる山また山や柳生村

         美娜

    

四天王古代の眼差し秋静寂

         知子

     

行く秋や柳生の墓所の土塀朽ち

         さとし

   

藤の実の爆ぜて話の腰を折る

       美津子(欠席投句)

   

神の森森閑として椿の実

       昭夫 (欠席投句)

    

釣り人を焦がさんばかり秋夕焼

       迪夫 (欠席投句)

    

             

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33038481

奈良公園・柳生の里の吟行(俳句と写真)を参照しているブログ:

コメント

「四季の雲(折々の写真・俳句)《早春・春の雲》」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/02/post-06b7.html

をご覧下さい。 (薫風士)

コロナ禍やお節料理も通販で(年末年始俳句特集)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/01/post-f10d.html
をご覧下さい。

(薫風士)

岸田文雄総理大臣には喫緊の課題が一段落すれば、「俳句を通じて世界平和を」という俳句愛好家の思いにも耳を傾けてほしいものです。
「渡月橋」etc.の俳句 (橋梁通信掲載に因んで)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/11/post-9ffc.html
をご覧下さい。

(薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

ご投稿をお待ちしています。

(薫風士)

チュヌの主人は「奈良女子大学恋都祭」の皆さんに
「LOVE」のエールを送りました。
次のURLをクリックしてご覧下さい。
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2014/09/love-c02b.html

コメントを投稿