« (チュヌの叫び)梅雨の暮まん歩に会ひしルナとララ | メイン | 俳句の鑑賞: 夕立 »

2021年7月 6日 (火)

俳句の鑑賞 《夏痩》

     

・夏痩の骨にとどまる命かな  

・夏痩せて大めし喰ふ男かな   

   

掲句は歳時記(俳誌のサロン)や「575筆まか勢」にある正岡子規の俳句です。

例句の詳細はそれぞれ青色文字をクリック(タップ)してご鑑賞下さい。  

コロナ禍のお慰みになれば幸いですが、川柳擬きの拙句を5句掲載させて頂きます。

  

・コロナ禍の夏痩せざる家居かな

・コロナ禍や夏痩せ無縁うたた寝す

・夏痩せを凌ぐうたた寝「まん歩」して

・夏痩を知らぬ健啖胃無き吾

・胃無くとも夏痩無縁茶寿目指し

    

青色文字をタップすると、最新の「俳句(和文)」や「英語俳句」の記事をご覧頂けます。

トップ欄か、この「俳句HAIKU」をタップすると、最新の全ての記事(タイトル)が表示されます。記事のタイトルをタップ(クリック)して、ご覧下さい。

  

コメント

楽しい吟行(四季の写真俳句特集)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/pictureandhaiku.html
 
をご覧下さい。 (薫風士)

「トマトの俳句(ウクライナ応援句)」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2022/05/post-f1ef.html
をご覧下さい。 (薫風士)

8月19日は「俳句の日」とされています。
正岡子規の命日は9月19日ですから、8月19日からの1か月を「俳句月間」として俳句・教育関係者により俳句を通じて子供たちに日本文化の啓蒙活動をして頂いたら如何でしょうか?
俳句の教育はもう既に実践されているのでしょうが、コロナ禍の自粛生活で子供たちが無意味なwebゲームに夢中になっているのは親泣かせです。
俳句は、個性を発揮する芸術の一つであり、好き好きです。プレバトのような一方的な査定やランク付けはしないで教育すべきでしょう。
大人のための俳句の面白さの啓蒙の一助になれば幸いですが、
8月15日の終戦記念日の俳句を特集しましたので
俳句ブログ:終戦記念日 <「戦争と平和」特集>
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/08/post-452c.html
をご一読下さい。

(薫風士)

梅雨の暮まん歩に会ひしルナとララ (チュヌの叫び)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2021/07/post-dda3.html
をご覧ください。

(薫風士)

コメントを投稿