« 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (2) | メイン | 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (5) »

2019年5月27日 (月)

芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (3)

 Basho's Haiku in English  (3~4/300)

       

・山路来て何やらゆかしすみれ草 (芭蕉)

  yamajikite naniyarayukashi sumiregusa  (Basho)

    

  (Translation by L.P. Lovee)

  coming through a mountain path,

  somehow graceful_

  violets

    

    

・永き日を囀りたらぬ雲雀かな (芭蕉)

 nagakihio saezuritaranu hibarikana (Basho)

    

(A) Translation by L.P. Lovee 

 the so-called long-day

 insufficient to fully sing_

  skylarks

    

(B) Translation by John White & Kemmyo Taira Sato

 throughout a long day

 with never a pause at all

 a skylark in song

 

(A)の英訳では、「永き日」が春の季語(「日永」)のであることを明瞭にするために「so-called」を補足しています。(B)の英訳は誤訳(mistranslation)です。原句の句意と違うばかりでなく、雲雀は上空で一しきり鳴くと鳴き止み地上に降りますから「never a pause」は実態的にも誤り(wrong)です。

    

コメント

コメントを投稿