« 俳句の鑑賞 <「名月」> | メイン | 高浜虚子の100句(100 HAIKUs of TAKAHAMA Kyoshi)(26~30) »

2017年10月 7日 (土)

高浜虚子の100句(100 HAIKUs of TAKAHAMA Kyoshi)(21~25)

              

(第1回のはじめからお読み頂く場合はここをクリックして下さい。)

   

(21) 京女花に狂はぬ罪深し (M26. 1893年

     (kyouonna hananikuruwanu tsumifukashi)

            a Kyoto woman_

            sinful,

            not getting crazy about cherry blossoms

   

(22) 行春の墓も御像も小さけれ (T2. 1913年

      (gyoushunno hakamomizoumo chiisakere)

            both small,

            the tomb and the statute of the founder_

            the departing spring

        

(23) 君と我うそにほればや秋の暮 (M39. 1906年)

      (kimitoware usonihorebaya akinokure)

            you and me,

            how about faking love_

            evening in the autumn

   

ちなみに、この俳句の次のような英訳を掲載しているサイト(Terebess Asia Online (TAO)がありますが、下記の翻訳は誤訳です。

   You and I wish

       We loved each other’s lies

       Late in the autumn

    

(24) 石の上の埃に降るや秋の雨 (T2. 1913年

      (ishinoueno hokorinifuruya akinoame)

            onto the dust covering the stone

            falls

            the autumn rain

       

(25) 草摘みし今日の野いたみ夜雨来る (T2. 1913年

      (kusatsumishi kyounonoitami yosamekuru)

         a night rain comes,

        mourning the today’s fields

        where I picked up herbs

         

第1回から第20回までを通読される場合はここをクリックして下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34086389

高浜虚子の100句(100 HAIKUs of TAKAHAMA Kyoshi)(21~25)を参照しているブログ:

コメント

インターネットを何気なく検索していて、、
「Faking Love」という Country Music があることを知りました。
(下記のURLご参照下さい。)
(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Faking_Love

(You Tube)
https://www.youtube.com/watch?v=6UxhilPUFrI

コメントを投稿