« 「春雪・春の雪」<雪の俳句を鑑賞しよう> | メイン | 「俳句は楽しい」 句に興じ茶寿も祝ぎたし新茶汲む »

2016年4月17日 (日)

「みどりの日」の俳句を読んで思うこと。

          

5月4日は「みどりの日」です。1989年(昭和64年)に今上天皇の即位に伴い12月23日が「天皇誕生日」とされ、そして、1948年の祝日法施行以来「天皇誕生日」であった4月29日は昭和天皇に因んで「みどりの日」とされ、更に2005年(平成17年)の祝日法改正により「昭和の日」となりました。それゆえ、2007年以降は「みどりの日」は5月4日です。 

    

このような変遷のせいか、インターネットを検索しても「みどりの日」については歳時記は見当たりません。

週刊金曜日の「櫂未知子金曜俳句・みどりの日」に比較的沢山の俳句が掲載され、その中に「さっきまで覚えたはずのみどりの日」「みどりの日昭和は既に歴史学」「平成の政治家軽きみどりの日」など、川柳のような俳句があります。

   

また、現代俳句協会の「現代俳句コラム」に「昭和遠く平成鬱とみどりの日 (山崎聰)」と寺井谷子さんの句評が掲載されています。

    

安倍総理以下安倍内閣やその同調者は憲法改正を実現し、天皇を元首にし、自衛隊を軍隊にしようと意欲を示しています。戦後70年間日本が戦争に巻き込まれず平和を維持できたのは憲法第9条を中心とした平和憲法と自衛隊の存在のお蔭ですが、このような憲法改悪をすれば国際間の緊張を高め、戦争のリスクを増大することになるでしょう。

平成」の元号の趣旨に反することにならないように、国民が政治に関心を持って、安倍総理が独裁的暴走をしないように働きかけることが大切だという思いを新たにしています。  

このブログを書いている時も熊本・大分の大震災の状況や自衛隊の救援活動などの報道が行われています。

大震災の被災者の無念さ・ご苦労を思うと胸が痛みます。

自衛隊が災害救助活動に専念し、一旦緩急あれば文字通り平和の為の「自衛隊」として活動をしてもらいたいものです。

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33799839

「みどりの日」の俳句を読んで思うこと。を参照しているブログ:

コメント

コロナ禍に外堀埋める法改正 (コロナ川柳)
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2020/05/post-84d9.html
をご覧ください。
検察庁法改正案や長期政権の問題点などがよく分かるでしょう。

(薫風士)

SNS世代に俳句の楽しさ・面白さを知ってほしいと、
漫歩・万歩・SNSで楽しむ
「まんぽ俳句会」を始めました。

・気の合ひし句友と談義年忘れ (薫風士)

http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2019/11/post-d2ef-1.html
をご覧下さい。

ご投稿をお待ちしています。

(薫風士)

「高浜虚子の俳句をバイリンガルで楽しもう!」
国際俳句交流協会ホームページ掲載記事です。
高浜虚子の俳句の面白さが注記や英訳でよくわかります。
下記のURLアドレスをクリックして是非ご覧下さい。
http://www.haiku-hia.com/about_haiku/takahama_kyoshi/
チュヌの主人(薫風士)

天皇陛下のご退位と皇太子殿下の即位の日程が決定され、
憲法改正問題についても本格的な審議が進められます。
「亀鳴くや声なき声を聞けよとて」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2017/12/post-e4bd.html
をご一読下さい。

「俳句を通して世界平和を!」という思いで
俳句やエッセイなどささやかなブログを書いています。
ご意見やコメント、俳句など、投稿して頂けると有難いです。
投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、
次の手順で入力して下さい。
(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。
(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。
(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。
(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。
 
なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で
公開させて頂きます。予めご了承ください。

コメントを投稿