« 俳句の鑑賞 <「新涼」・「涼新た」> | メイン | 吟行の写真俳句 <神戸布引ハーブ園>(改訂版) »

2017年8月29日 (火)

俳句の鑑賞 <「七夕」・「星祭」と「盆踊」>

Cimg4263_2

Cimg4264_2

 

Cimg4392

Cimg4277

今年の8月28日は「旧暦の七夕」に当たります。「七夕祭」は新暦(太陽暦)に基づいて7月にする所が多いようですが、俳句では「七夕」や「七夕祭」「星祭」は旧暦(陰暦)に則る行事として「秋の季語」とされています。

7月7日は梅雨の雨が降る可能性が大ですから、星空を愛でるにも「七夕祭」は8月にする方が望ましいですね。

盆踊」は地方によって、7月に行う所と8月に行う所があるようですが、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の伝統的行事として旧暦に準じ8月にする方が相応しい気がします。

天の川入ってみたいな彦星

・童吊る七夕竹や初俳句

・七夕や子等の短冊雨に散る

・水害の復興なりて盆踊

・留守居酒をどり音頭の遠音して

 

上記の俳句は前座としてのチュヌの主人(薫風士)の俳句と幼孫の俳句です。

(写真はクリックすると拡大します。青色文字の季語をクリックして俳句の詳細をご覧になれます。)   

下記のとおり歳時記(「俳誌のsalon」)の俳句を気の向くままに抜粋掲載させて頂きます。

七夕1

・七夕やまだ指折って句をつくる (秋元不死男

・七夕やてるてる坊主も吊されて (山本潤子)

七夕2

・七夕や真の願ひの胸にあり (森るか)

・七夕竹本気の願ひひとつかけ (平田紀美子)

七夕3

・七夕や猫駅長の人気駅 (桂敦子)

・食卓を飾る笹の葉七夕膳 (難波篤直)  

盆踊

・五重の塔そびらに奈良の盆踊 (阿波谷和子)

・今年また年寄ばかり盆踊 (谷口一献)

をどり

・つまづきしこしも仕草に盆をどり (永田等)

落人の商も陽気に阿波をどり (臼杵游児)

・歯一枚失せて果てたる踊下駄 (山田弘子

・花びらの散りゆくごとし踊果て (菰田晶)

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/34078702

俳句の鑑賞 <「七夕」・「星祭」と「盆踊」>を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿