« 俳句談義(14): 俳句の片言性と二面性(改訂版) | メイン | 俳句談義18:政治家と俳句              <俳句を通して世界の平和を!> »

2015年6月 8日 (月)

石清水八幡宮と松花堂庭園の吟行(俳句と写真)

Cimg0466

Cimg0468

Cimg0470

Cimg0471

Cimg0472

Cimg0480

Cimg0484

Cimg0474

Cimg0475

Cimg0494

Cimg0501

Cimg0503

Cimg0505

Cimg0509

Cimg0486

Cimg0510

Cimg0516

     

Cimg0515

            

京都の石清水八幡宮松花堂庭園を吟行した仲間の俳句と写真を披露します。

   

(写真:律子さん撮影)

写真はクリックすると拡大されます。 

(チュヌの主人のカメラは電池切れ)

   

青色文字をクリックすると解説記事がご覧になれます。

解説記事は「戻る」操作ができる場合は、「戻る」で閉じて下さい。「×」で閉じると全体が閉じられます。   

       

元気な仲間は男山の展望台まで行きました。

生憎の夏霞や竹藪などに邪魔をされ三川合流のスポットは見ることが出来ませんでした。 

松花堂庭園には亀甲竹四方竹など珍しい竹が色々ありました。

吉兆松花堂弁当で昼食を済ませて、すぐに句会をしました。

     

    

 (仲間の俳句)

(平成27年6月2日吟行、順不同)

    

江戸硝子に揺るる日の斑夏座敷   知子

・朝涼の吾が影揺らぐ江戸硝子     順子

竹皮を脱ぐ草庵の静けさに      美娜

万緑に映ゆ朱の社殿石清水      栄治

竹落葉乗せ親しげに鯉寄れり     文子

・ご神木に力瘤あり青葉風       寧伸

泳ぐあさざの黄色震はせて     眞知子

・生まれながらに亀甲模様今年竹    かず

エジソン碑の空に戦ぎし今年竹    美娜

篠の子のけなげに天を目指しをり   良子

三川の合流隠す今年竹        さとし

梔子の香を運びくる風白し      輝雄

水琴窟のゆかしき音色夏の園     律子

・まのあたりに巣立ち楠大樹    美津子(欠席投句)

       

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33425975

石清水八幡宮と松花堂庭園の吟行(俳句と写真)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿