2017年7月23日 (日)

「星」の俳句を鑑賞しよう!

    

万緑の山並暮れて七つ星 (薫風士)    

七夕希望の星14歳 (薫風士)   

青色文字をクリックすると俳句や作者の解説などがご覧になれます。

星の俳句といえば高浜虚子の句「爛々と昼の星見え菌生え」が印象的なので、この俳句について、「『星』や『菌(きのこ)』とは何か?比喩ではないか?」と、「チュヌの便り」の「俳句談義」でさまざまな解釈を試みました。 しかし、「虚子は一俳人の話に感興を動かされて、いや感興などという生易しいものではなく、インスピレーションを得て一気に頭の中で壮大な宇宙を作り上げたのではないだろうか。」と稲畑汀子さんが述べているように、高浜虚子は「太陽」を「昼の星」と表現して「菌(きのこ)」と対比することによって悠久の大自然の営みを俳句にしたものと思います。    

  

「575筆まか勢」の「星の俳句から目についた俳句を気の向くままに抜粋し、コメントさせて頂きます。   

・むささびや杉にともれる梅雨の星 (水原秋櫻子

 鼯鼠(むささび)は冬の季語です。ウイキペディアの解説によると、「長い前足と後足との間に飛膜と呼ばれる膜があり、飛膜を広げることでグライダーのように滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。」また、冬と初夏の年2回発情期を迎える」とのことです。この俳句は秋桜子がムササビや梅雨の星を実際に見て詠んだものではなく、印象的な風景を空想して詠んだ俳句ではないでしょうか?季語が2つ(「ムササビ」と「梅雨」)ありますが、実際に梅雨の星と杉の木に飛ぶムササビを見たとすればものすごくラッキーなことであり、詩的な映像が印象的で「季重なり」は論外の秀句です。

・夏星に海も日暮れの音展く (飯田龍太

 「展く」は「ひらく」と読むのでしょうが、昼間は海水浴客の声で賑やかだった海の音は、夕暮れになると海本来の波音が拡がることを詠んだものでしょう。

海の日」は7月の第3月曜日ですが、「海の日」に「海開き」をする海水浴場もありますね。

・旱(ひでり)星(ぼし)われを罵るすなはち妻 (西東三鬼

 西東三鬼は何を妻にののしられたのでしょう?

・旱星流木は山忘れざる (大庭紫逢

 最近は温暖化の影響か局地的気象変動・豪雨が酷くなり、九州北部の大洪水など流木の影響で被害が増大しています。温暖化防止の努力を無視するようなひどい大統領に失望しています。

・旱星食器を鳴らす犬と石 (秋元不死男

 かんかん照りの日が沈み、星空の下で甲高い器の音をたてながら犬がガツガツ餌を食べている情景が浮かびますね。

・星涼し遊歩甲板の籐椅子に (岸風三楼

 豪華客船のクルーズで満天の星を愛でたいものです。

・父祖の地に入りて微塵の星涼し (橋本榮治)

・面舵(おもかじ)に船傾きて星涼し (高浜虚子

 (「夏の星 補遺」)

・夕雲にちらりと涼し一つ星 (正岡子規

  

2017年7月10日 (月)

「花火」の俳句を鑑賞しよう!

         

今日は七夕です。しかし、NHKニュースによると九州北部は局地豪雨の洪水・地滑りなど被害甚大でなので、星祭や句作などしているのは呑気なようで申し訳ない気がします。「七夕豪雨よ去れと祈りけり」 駄句ですが、被災者の方々へのお見舞いの一句を詠み、笹飾りに吊るしました

梅雨が明けると本格的な夏ですね。ここをクリックすると、気象庁の梅雨明け情報(速報値)などご覧になれます。)

家族で花火をしたり、花火見物に出かけたりする方が多いでしょう。神戸港開港150周年記念に当たる今年メリケンパーク沖の海上花火大会では1万5000発の花火を打ち上げるそうですが、綺麗に見えるといいですね。

ここをクリックすると、「花火カレンダー2017・全国花火大会」のサイトで各地の花火大会の情報がご覧になれます。)

   

インターネット歳時記から「花火」の俳句を気の向くままに抜粋させて頂きます。

青色文字(季語など)をクリックすると、俳句の詳細や解説記事をご覧になれます。  

花火1

花火やむあとは露けき夜也けり正岡子規

・髪の根の乾かぬままの初花火 (浦山輝代)

花火2

・空に伸ぶ花火の途の曲りつゝ (高浜虚子

・花火の中へ花火打ち込む流れ雲 (松崎鉄之介

花火3

・喚声のあとの喚声大花火 (沼口蓬風)

・花火果つ天に一つの星もなし (渡辺喜久子)

花火4

一輪の花となりたる揚花火 (山口誓子

暗がりに肩を叩かれ花火の夜 (伊藤トキノ)

花火5

・追ひ追はれ鼠花火と幼き子 (緑川啓子)

・花火の夜病院の人和みあふ (大西八洲雄)

花火6

・満天を砕く打ち止め花火かな (山田六甲)

・ぢぢばばとちちははとやや庭花火 (野沢しの武)

花火7

・鑑真の着きたる浜の大花火  (川端俊雄)

・おひらきは線香花火やいとこ会 (德田千鶴子

花火8

・花火終へ星空と海ありにけり (嶋田一歩)

・鎮魂の花火につづく闇の黙 (安原葉

  

遠花火1

・死にし人別れし人や遠花火 (鈴木真砂女

・湯浴みして髪梳く夜の遠花火 (倉本美代子)

遠花火2

・別のこと考へてゐる遠花火 (黛まどか

子のこころ読めぬとまどひ遠花火 (白井剛夫)

  

ちなみに、「575筆まか勢」には花火の俳句が無数に掲載されています。ここをクリックしてご覧下さい

     

2017年7月 5日 (水)

俳句の鑑賞 <溽暑(じょくしょ)・蒸し暑し>

     

7月に入って梅雨の蒸し暑さが続いています。季語「溽暑(じょくしょ)」について、森澄雄は次の通り解説しています(「カラー図説日本大歳時記」より抜粋)。

「湿度の高い蒸し暑さをいう。梅雨の終わり頃の、じっとしていても脂汗のにじむような蒸し暑さ、また土用の曇り日などの蒸し暑さも耐え難い。夏の季節風が南海上の高温多湿の空気を運んでくるのである。不快指数の高い不愉快な暑さである。」

(青色文字をクリックして解説記事などをご覧下さい。

   

・賑やかな俳句バトルや溽暑の夜

新記録更新ならず溽暑の夜

・目を見張る開票結果溽暑の夜

正論も一蹴さるる溽暑かな

都議選演説騒然街溽暑

・垣根越し白百合溢る街溽暑

政治家のまやかし憂ふ溽暑かな

    

上記の「溽暑」の俳句はチュヌの主人(薫風士)の即興句ですが、インターネット歳時記溽暑」から気の向くままに下記の通り引用させて頂きます。     

採血の腕逆撫でらるる溽暑かな  (内田しんじ)

・度の合はぬ眼鏡のずれし溽暑かな (當麻幸子)

思考力雲散霧消溽暑かな (大橋敦子

・溽暑来ることあげもせず拉致家族 (角直指)

・暗がりの戦争動く溽暑かな (中林晴雄)

    

ちなみに、「(新版)季寄せ」(角川書店編)を見ると、富田木歩の次の俳句が一句のみ掲載されていました。

・女したしう夜半を訪ひ寄る蒸暑さ

   

2017年6月28日 (水)

「明易」・「短夜」の俳句を鑑賞しよう!

       

6月21日は「夏至」です。夏至といえば、「明易」や「短夜」の俳句、殊に高浜虚子高濱虚子)の風変わりな俳句「明易や花鳥諷詠南無阿弥陀」のことを思い出します。この俳句の解釈には「花鳥諷詠のこころ」(安原晃氏の談話)や「高濱虚子の100句を読む」(坊城俊樹氏)、「増殖する俳句歳時記」(清水哲男氏)などの解説が参考になります。

(青色文字をクリックして俳句の詳細や解説記事などをご覧下さい。)

季語「短夜(みじかよ)明易(あけやす)し・明急ぐ・明早し」について、山本健吉が次のように解説しています(カラー図説日本大歳時記から抜粋)。

「春分の日から夜は昼よりも短くなり、夏至(げし)に至ってもっとも短くなる。俳句では日永は春、短夜は夏、夜長は秋、短日は冬と定めているが、これはその感じを主にして言うのである。短夜の語は万葉以来である。(以下省略)」

「定本現代俳句」(山本健吉著)には、これらの季語を用いた俳句の句評は見当たりません。まず前座としてチュヌの主人(薫風士)の即興句を掲載します。 

・愛犬の促す散歩明易し

・明易や犬の確かな腹時計

・明易のカーテン(よぎ)る蝶の影

・明易や時の流れは止められず

・明易の徹夜国会生みし法 

・短夜のニュースに響くデモの声

・何事も運用次第明易し

・明易や人の噂も何とやら

・明易や昭和は遠くなりにけり

・短夜や睡眠負債なき吾が身

・明易のパソコン疲れうたた寝す

・短夜の風呂のうたたね夢数多

・恙なき白寿を夢に明易し

・明易やパンダ赤子すくすくと

      

インターネット歳時記の「明易」から目についた俳句を気の向くままに次の通り掲載させて頂きます。

明易

松島を見よとて湾の明易き (鷹羽狩行

明易2

すぐ来いといふ子規の夢明易き (高浜虚子

明易3

宿坊に井戸使ふ音明易し  (代田青鳥)

明易4

サッカーの深夜観戦明易き (高谷栄一)

短夜

短夜や空とわかるゝ海の色  (几董

明早し

刷り上げしインキの匂ひ明早し (梅田泰正)

  

上記チュヌの主人の俳句「明易のパソコン疲れうたた寝す」を作ったときは文字通り「日が長い」という実感で、原句は「うたた寝の熟睡二度も日永かな」でした。しかし、「日永」は春の季語なので掲出句に変更したものです。

ところで、上記俳句の「徹夜国会生みし」とは何か、興味があればここをクリックしてNHK-WEBNEWS(「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法)をご覧下さい。

パンダの赤ちゃん誕生については下記(産経ニュース)をご覧下さい。

上野動物園(東京都台東区)は16日、ジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)が産んだ赤ちゃんについて、乳首に吸い付く1回当たりの時間が長くなっており「しっかりと母乳を飲めているようだ」と明らかにした。    

俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録する運動が国際俳句交流協会などの俳句愛好者によって進められています。チュヌの主人は草の根運動の一助になればとの思いで、俳句やエッセイなどのブログを書いています。ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。

投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で適宜公開させて頂きます。予めご了承ください。

  

2017年6月21日 (水)

俳句鑑賞 <「蛍」・「ほたる」・「ほうたる」>

         

 ・大蛍()ゆらりゆらりと通りけり (小林一茶

  一茶の俳句にはおおらかな句が多いですね。

・学問は 尻から抜ける ほたる哉 (与謝蕪村

  掲句の解釈には、Turukame paradise の解説が参考になります。

  (青色の文字をクリックして解説記事をご覧下さい。)

・草の葉を落るより飛蛍哉 (松尾芭蕉

  「きごさい」の「蛍(ほたる)仲夏」には様々な俳人の蛍の例句が掲載されています。 

手のうへにかなしく消る螢かな (向井去来

・蛍火の今宵の闇の美しき (高浜虚子

かたまるや散るや蛍の川の上 (夏目漱石

  NPOホタルの会「ホタルと日本人・蛍狩りのサイト「蛍の文化史」に様々な俳句や短歌が紹介されています。 

・手から手へ思ひを伝へ初蛍

  掲句は蛍狩りでチュヌの主人(薫風士)が初蛍を捕らえ、仲間に順に見せその喜びを伝えたことを詠んだ俳句です。チュヌの主人にとっては蛍狩りは童心に返る楽しいものです。単に「喜び」とせず、少しロマンチックな表現にして俳句会で高得点を得た俳句です。  

  蛍の鑑賞スポットをインターネットで検索すると、「るるぶ.com」の「ホタル観賞に行こう‼や「死ぬまでには見ておきたい!関東の美しすぎる『ほたる鑑賞』スポット7選というサイトなどがありました。

  インターネット歳時記には季語が「蛍・ほたる・ほうたる」の俳句が2000句余り掲載されています。気の向くままに下記に抜粋します。 

季語「蛍」などをクリックして俳句の詳細をご覧下さい。

蛍1

人殺す我かも知らず飛ぶ蛍 (前田普羅 

蛍2

浮島にいのち継ぐ火や姫螢 (岡田貞峰)

蛍3

かこひたる掌にふれずして舞ふ螢 (赤座典子)

蛍4

螢火を見に來し宿で醉ひつぶれ (片岡祥子)

蛍5

蛍の闇にふれたる手のぬくみ (大森美恵)

蛍6

手の螢見せて匂ひぬ人の妻 (竹貫示虹)

蛍7

ゆるやかに着て人と逢ふ蛍の夜 (桂信子

蛍8

無人駅夜は蛍火の銀座なる (延江金児)

9

湯の町の旅の一夜や蛍狩 (松元末則)

蛍10

蛍より多きギャラリー渓の径 (金山藤之助)

蛍11

死なうかと囁かれしは蛍の夜 (鈴木真砂女

蛍12

蛍火の明滅滅の深かりき (細見綾子

蛍13

螢獲て少年の指みどりなり (山口誓子

蛍14

放たれし一夜仮設の蛍かな (松本秀子)

蛍15

峡の湯の熱りを冷ます蛍狩 (升田ヤス子) 

ほたる

朝がきて虫となりたるほたるかな (和田瑞子)

ほうたる

ほうたるの匂ひ幼き日の匂ひ (細野みさを)

    

2017年6月14日 (水)

吟行の俳句と写真 <神戸布引ハーブ園>

Cimg3828

Cimg3833



Cimg3848

Cimg3841

Cimg3888_2

Cimg3854

Cimg3862

Cimg3886Cimg3867

Cimg3873

Cimg3879

Cimg3904

Cimg3908

Cimg3912

Cimg3923_2

・万緑や夢風船てふロープウェイ

 

・万緑のハーブ園歩し香に酔へり

 

・万緑にほのかな色や煙の木

 

・万緑や風の丘より茅渟の海

 

新緑のハーブの美味し鶏料理

 

掲句や写真はチュヌの主人(薫風士)の即興句やスナップです。俳句人口が増えることを願って、「俳句は身近なことや自分の思いなどを詠んで気軽に作るとよい」ということを知ってほしい、との思いから敢えて拙句を冒頭に掲載しました。  

青色の文字をクリックすると、解説などをご覧になれます。

写真はクリックすると拡大します。 

俳句を通して世界の平和を!」という思いで俳句やエッセイなどささやかなブログを書いています。ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。 

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で公開させて頂きます。予めご了承ください。

  

2017年6月 7日 (水)

俳句の鑑賞 <万緑>

Cimg3120_2

Cimg3123_2

Cimg3600_2_2

Cimg3534

Cimg3621

・万緑やブレイブボード巧みの子

・万緑の苑に早朝太極拳

・万緑に聳ゆマンション朝日差す

・万緑や光の中をペダル踏む

・万緑の窓に一点紅の薔薇

・万緑や吟行の友吾庭に来

・万緑の一日淡路の夢舞台Cimg3787

Cimg3789

 

掲句はチュヌの主人(薫風士)が作ったブログ写真の説明用俳句です。

写真はチュヌの主人が深田公園を散歩して、「ひとはく」のホロンピア館前の広場で巧みにブレイブボードをしている女の子を見て撮ったものや淡路夢舞台で開催された母校同窓会に参加した際に淡路島国営明石海峡公園を散策して撮ったもの等、「万緑」の写真です。 

    

インターネット歳時記には季語が「万緑」の俳句は1000句余りも掲載されていますが、気の向くままに下記に抜粋します。

   

(青色文字をクリックして俳句の詳細や解説をご覧下さい。写真はクリックすると拡大されます。)

     

万緑1

萬緑の中や吾子の歯生え初むる中村草田男 

万緑2

萬緑を顧みるべし()()(とうげ)  (石田波郷

万緑3

万緑に朴また花を消すところ  (皆吉爽雨

万緑4

万緑やわが額(ぬか)にある鉄格子  (橋本多佳子 

万緑5

里山を守る万緑でありにけり (稲畑廣太郎

万緑6

万緑や抱へて重き子のいのち  (生方ふよう)

万緑7

万緑の山もこもことブロッコリー (宮崎左智子)

万緑8

万緑の真ん中に居て余震なほ (田山登喜子

万緑9

万緑にくひ入る百八やぐらかな (鈴木庸子

   

2017年6月 4日 (日)

日英バイリンガル俳句 <「薔薇呉れて聖書かしたる女かな」(高浜虚子)>

       

高浜虚子の俳句『壺すみれ』をHAIKU(英語俳句)に翻訳するにおいて誤訳の例を紹介し、俳句をHaikuに翻訳する難しさに触れましたが、同じ翻訳者が掲句を次の通り英訳しています。(出典)One Hundred and One Exceptional Haiku Poems by Kyoshi Takahama

Giving roses, 

A woman

Lent me a Bible

上記英訳の「giving」について、「誰が誰に薔薇を与えたか」曖昧です。原句においても、「薔薇呉れて」「聖書貸したる」「女かな」の主体(主語)と客体目的語)の関係が曖昧です。したがって、曖昧な翻訳になるのもやむを得ないでしょう。しかし、「give」は二重目的語をとる授与動詞ですから、この翻訳のように目的語が一つしかない文法的に不完全な表現は英語俳句(HAIKU)として拙いでしょう。

高浜虚子がこの俳句を詠んだ背景を知ろうとインターネット検索をすると、増殖する俳句歳時記」の今井肖子解説に、高浜虚子の下記自解が紹介されていました(抜粋)。

「ふとしたことで或る女と口をきくやうなことになつた。その女は或とき薔薇を剪つてくれた。そしてこれを讀んで見よと云つて聖書を貸してくれた。さういふ女。」

上記の高浜虚子自解に基づいて主体・客体の関係を明瞭にして次の通り翻訳します。なお、上記の翻訳は各行の最初の文字を大文字にしていますが、このように3行で一つの文(各行は文の一部)になっているHAIKUの場合は不適切です。文頭のみ大文字にして句意を明瞭に表現します。

Giving me roses,

a woman

lent me a Bible.

   

余談ですが、高浜虚子は原句を作ったときは26歳です。今井肖子の句評にあるように、高浜虚子この女性に対して何か格別の思いや印象があったのでしょうか? それとも、「聖書」と「バラ」や「イエス・キリスト」と「バラ」の関係などについて何らかの「(いわ)れ」があったのでしょうか?

高浜虚子が掲句を作った背景として、「薔薇」と「聖書」の間に何か関連があるのではないかだろうかと興味が湧き、インターネットで検索すると、「シャロンのバラとか、「Rose Of Sharonいう言葉が目につきました。Jesus As The Rose Of Sharon参照。)

掲句の背景について何かご存知の方があればコメントを頂きたいと思っています。

 

2017年5月23日 (火)

高浜虚子の俳句「壺すみれ」をHAIKU(英語俳句)に翻訳する

          

高浜虚子の俳句に「その中に小さき神や壺すみれ」があります。

(青色文字をクリックすると関連の記事がご覧になれます。)

原句は壺菫を見て詠んだ俳句でしょうから、次の通り英訳してみます。

(試訳A

a Japanese violet_

a little god

in it

(試訳B

a Japanese violet_

there must be

a little god in it

(試訳C)

a Japanese violet_

therein

a little god

「その中に」は「therein」と英訳することができます。

上記3案の英訳の中では「試訳C]が最適でしょう。日本語と英語では文法的に構文が異なりますので、俳句の「切れ」を英語として訳出するには構文的に語順を逆にすると良いと思います。俳句の英訳をするにはその作者が句を詠んだ背景を考え、原句の句意を訳出する必要がありますが、至難ですね。

この俳句の英訳の参考情報を得ようとして、インターネット検索をすると、下記の英訳がありましたが、誤訳です。

In the middle of it

A little god:

A violet in the vase

(出典)

One Hundred and One Exceptional Haiku Poems by Kyoshi Takahama

The Hiyoshi Review of English Studies (慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学), 51, pp.85 - 112 , 2007  Translated by Katsuya Hiromoto     

上記の英訳は「壺すみれ」を「violet in the vase」と翻訳していますが、「つぼすみれ」は菫の一種の名称ですから誤訳です。

ちなみに、ウイキペディアには次の解説があります(抜粋)

「Viola verecunda スミレ科スミレ属の植物。ニョイスミレとも呼ばれる。全体に小柄で、茎はよく伸びて往々にして地表を這い、花はあまり高く出ないので、あまり目立たない植物である。」

また、Weblio辞書によると、「学名はviola verecunda、英名はJapanese violet」とあります。

俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録する運動が国際俳句交流協会などの俳句愛好者によって進められています。チュヌの主人は言語の壁を破るチャレンジをして、日英バイリンガル俳句(俳句・HAIKU)を楽しみながら、草の根運動の一助になればとの思いで、俳句やエッセイなどのブログを書いています。ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。

投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。  

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で適宜公開させて頂きます。 

若葉の俳句を作って楽しもう!

Cimg3280_2

Dscf0236

Cimg1212

Cimg3492

 

風薫る5月です。若葉の俳句を楽しみましょう!

駄句でも楽しみながら俳句を作り著名な俳人の俳句を鑑賞していると、そのうちに上手くなるだろう」と、庭弄りや散歩、吟行旅行、ゴルフなど、体を使うとともに、駄句を捻って頭の活性化に努め、老後の健康管理に留意して天寿を全うすることを願っています。

(写真はクリックすると拡大します。)  

    

今日(2017.5.21)は朝の中は清々しくて隣家のバラの庭のミニコンサートマリンバのリズミカルな遠音を聞きながら手作りの庭の手入れもはかどりました。ところが、昼下がりには早くも真夏日になり、窓辺の柿の木越しにミニコンサート(午後の部)のシャンソンとピアノの調べが物憂げに聞こえました。 
チュヌの主人(薫風士)の「若葉」の俳句10句を掲載します。

・マリンバの弾む遠音や若葉風  

・シャンソンの愁も運ぶ若葉風

・手作りの日本列島庭若葉

飯事(ままごと)の一人遊びに若葉風

・土団子くるむ童や柿若葉

・庭弄り腰を伸ばせば若葉風

・愛犬のまどろむ芝生若葉風

・雑草の生れし速さや庭若葉

・庭いじり終へし夕餉や若葉風

打球飛ぶ追風なりし若葉風

 

2017年5月21日 (日)

「若葉」・「柿若葉」の俳句を鑑賞しよう

     

季語が「若葉」・「柿若葉」の俳句をインターネット歳時記から思いつくままに下記に引用します。

青色の文字をクリックすると俳句の詳細や解説をご覧になれます。

   

若葉1

高窓を一つ残して蔦若葉 (邑橋淑子)

若葉2

地下鉄の3号出口蔦若葉 (中原幸子)

若葉3

病院に母を置きざり夕若葉 (八木林之助

若葉4

鼓鳴る能樂堂の若葉かな (正岡子規

若葉5

水晶の念珠に映る若葉かな (川端茅舍

若葉6

日を散らす風の若葉となりにけり (稲畑汀子

若葉7

物干して午前六時の若葉かな (尾堂燁)

若葉8

若葉して手のひらほどの山の寺 (夏目漱石

若葉9

退院は表口より若葉風 (松本文一郎)

若葉10

をちこちに滝の音聞く若ばかな (蕪村

若葉11

若葉雨小樽運河の静もれり (上原光代)

若葉12

犬抱いてリフトに乗りし若葉山 (吉田悦花)

若葉13

せせらぎや青葉若葉の川湯かな (西田史郎)

若葉14

若葉濃し日のあるうちの湯浴みかな (鈴木庸子)

若葉15

窓若葉新居に笑ひ声の満つ (田中藤穂)

若葉16

若葉して光と影の賑はしき (飛高隆夫)

  

柿若葉1

・今朝生れし仔牛歩めり柿若葉 (田中蘇水)

柿若葉2

雨上がり光り見えたる柿若葉 (山本田津子)

柿若葉3

柿若葉柿の葉鮨のために摘む (二瓶洋子)

柿若葉4

昼月や遠目にしるき柿若葉 (和田慈子

  

2017年5月13日 (土)

淡路夢舞台(楠ケ丘会2017年度総会会場)を見てきました

         

6月4日(日)に「淡路夢舞台国際会議場」で神戸市外国語大学同窓会「楠ケ丘会」の2017年度総会が開催されます。楠ケ丘会2017年度総会案内状はこをクリックしてご覧下さい

青色文字をクリックすると関連の解説記事や写真がご覧になれます。)

淡路夢舞台国際会議場のある「淡路夢舞台」は「国際会議場」「ウェスティンホテル淡路」温室「奇跡の星の植物館」「展望テラス」などが回廊で一体に繋がれた施設の総称です。淡路夢舞台施設の概略図はここをクリックしてご覧下さい。

「奇跡の星の植物館」では、2017年度年間スケジュールのように6月3日からは「ウオーターガーデンショー 面白き、珍しき水と光の庭」が開催される予定です。

2月総会会場の下見をしたときはランの特別展開催中で珍しい「ドラキュラ」というランなど様々なラン科の花が展示されていました。(下記の写真参照。写真はクリックすると拡大されます。)

ところで、筆者(10EB木下聰)は楠ケ丘会会員の方で俳句に興味のある方があれば懇親会で是非お会いして、英語やスペイン語、中国語、ロシア語など、神戸外大卒ならではのバイリンガル俳句の可能性などについて話し合いたいと思っています。俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録しようという運動が国際俳句交流協会などの俳句愛好家のみならず、松尾芭蕉や正岡子規所縁の自治体などの協賛で推進されています。この運動の草の根運動の一助になればとの思いで英語の俳句に関してブログを書いています俳句に興味のある同窓の方のご連絡が頂ければ幸甚です。

Cimg2678


 

Cimg2667

Cimg2666

Cimg2675

Cimg2648

Cimg2662

Cimg2656

Cimg2633


    

2017年5月10日 (水)

「新緑・新樹」の俳句を楽しもう

Cimg3006・新緑や一日(ひとひ)まんぽを愛犬と

・手作りの亀の造形新松子(しんちじり

)

・夏に入る庭の手作り楽しみつ

・万物の命は奇跡薬の日

Cimg3028

Cimg3280

Cimg3069


掲句や写真はチュヌの主人(薫風士)の即興句やスナップです。俳句人口が増えることを願って、俳句は身近なことや自分の思いなどを詠んで気軽に作るとよい」ということを知ってほしい、との思いから敢えて拙句を冒頭に掲載しました。

  

青色の文字(季語・作者名)をクリックすると、その俳句の詳細や作者の解説などをご覧になれます。

  

「まんぽ」は「掛詞」です。「万歩」と「漫歩」を掛けています。

Cimg3048

55日は「こどもの日」ですが、今年は「立夏」に当たります。また「薬の日」でもあります。

鯉幟を上げましたが、孫は幼児用ゲームに夢中で鯉幟には興味を示していません。チュヌの主人は菖蒲湯にゆっくり浸り、疲れを癒しながら俳句のことなどに思いを巡らせました。

52021日は三田グリーネットのオープンガーデンが開催されます。

チュヌの主人は健康管理のためにも手作りの庭の整備をしていますが、オープンガーデンまでには「日本列島」を仕上げたいと思って、楽しみながら作業をしています。

       

季語「新緑」について、カラー図説日本大歳時記(飯田龍太)には次の解説があります。

初夏の目覚めるような若葉のみどりをいう。やや時過ぎてとっぷりと夏に入ると深緑。よく用いられる万緑は、新も含めて満目ことごとくみどりの意。新緑は、文字の眺めから、また、語感の上からも、さわやかな景を連想させる言葉である。(以下省略)    

新緑や新樹を詠んだ俳句をインターネット歳時記から気の向くままに引用してコメントさせて頂きます。

新緑1

・新緑の丘越え白き道一筋  (桂信子

北海道の風景やトルコ旅行などの風景を思い出します。

新緑2

・新緑のうへ滑りゆくモノレール (米倉よしお)

王子動物園のモノレールからみた桜の風景を思い出しました。

新緑3

・新緑の山に鉄塔古びたり (野海衣子)

インフラの整備・維持も今後の重要な課題ですね。  

新緑4

・新緑や選びて歩く土の道 (卓田謙一)

花と緑の我が街には「弥生のこみち」など、愛犬の散歩道に恵まれています。  

新緑5

・たつぷりと老い新緑の中にをり (竹下昌子)

自然に親しみ健康を維持して高齢化社会を乗り切りたいものです。   

新緑6

・新緑の中新緑の深大寺 (塩田杉郎)

また寺めぐりをしたいものです。

     

季語「新樹」について、山本健吉はカラー図説日本大歳時記に次のとおり解説しています。

初夏のみずみずしい緑の木立を言う。新鮮な語感を持っている。ただし題目としては古く、(・・中略・・)好んで詠まれるようになったのは大正期以降である。音感もよい「新樹の語に、あたかも新題目であるかのような、未開拓の新鮮さを感じたのである。「空暗くなり来新樹に風騒ぎ」虚子、「夜の雲に噴煙うつる新樹かな」秋櫻子、「滝浴びのまとふものなし夜の新樹」誓子、「新樹どち(つつ)まんとし溢れんとす」草田男など。    

新樹1

・雨上り新樹の雨滴光る朝 (稲畑汀子

ホテルの庭か稲畑邸の庭でしょうか? 誰もが体験された光景でしょう。我が手作りのささやかなエコガーデンでも同様に楽しんでいる景色です。   

新樹2

・新樹光牛乳うまきカフェテラス (中島徳子)

家族や俳句仲間と初夏を楽しみたいものです。 

新樹3

・街灯に輝いてゐる新樹かな (越智秀子)

安全な街を維持したいものです。 

新樹4

新樹光ジーンズの脚よく伸びて (今村恵子)

戦争を知らぬ飽食時代の若者は身長が伸びています。 

新樹5

・新樹林ここにかしこに水の音  藤井圀彦

新樹の林と水音がマッチして初夏の清々しい感じがします。 

新樹6

・新調の眼鏡よく見え新樹光 (新実貞子)

この眼鏡は老眼鏡でしょう。「新調」「新樹光」がよくマッチしています。

新樹7

・朝の虹ひとり仰げる新樹かな  (石田波郷

「ひとり」は「作者一人」のことか「新樹」のことか、どちらでしょうか。

   

俳句を通して世界の平和を!」という思いで俳句やエッセイなどささやかなブログを書いています。ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。 

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で公開させて頂きます。予めご了承ください。

      

俳句の鑑賞 <「薫風」・「風薫る」>

Cimg2882_2_2

Cimg2983_2

Cimg3301_2_2

Cimg3007_2

・薫風や労りの声愛犬に

・風薫る手押し車に乗りし犬

・愛犬と見下ろす街や風薫る

   

掲句はチュヌの主人(薫風士)の前座的俳句です。

「チュヌ」はサモエド犬なので真白な長い毛がふさふさとしています。行き交う人は「これから暑くなって大変ですね」と声を掛けてくれます。

老犬を手押し車に乗せて買い物や散歩をしている老女を見かけます。

チュヌの主人はチュヌの散歩を元気にして、天寿を全うすることを願っています。

 

季語が「薫風」と「風薫る」の俳句をインターネット歳時記からランダムに下記に引用します。   

青色の文字をクリックすると俳句の詳細や解説などご覧になれます。

   

薫風1

薫風やともし立てかねついつくしま (与謝蕪村

・薫風を連れ虚子館の扉押す (山田弘子

薫風2

・薫風や遠くに牛と白い雲 (小島とよ子)

・薫風や軸に蕪村の翁像 (曷川克)

薫風3

・薫風や犬の鼻先よく動く (柴田久子)

・薫風に押し戻されてナイス・オン (鷹羽狩行

薫風4

・薫風の窓辺よろこぶ赤子かな (本杉千保子)

・薫風や子の号令の朝ごはん (太田佳代子)

薫風5

・薫風や仮設の村に一輪車 (松嶋一洋)

・薫風や母が支へて父の腕 (德田千鶴子)

 

風薫る1

・踏みならす橘橋や風かをる (正岡子規

・弾みたるボール追ふ犬風薫る (多田節子)

風薫る2

・歌ひつつ音符書く子や風かをる (大上武)

・島に建つ仮設住宅風薫る (元永高美)

風薫る3

・風薫る献血の旗ひるがへり (高木武人)

・風薫るみすゞの詩集読みたき日 (松山正江)

風薫る4

・モルダウの橋より橋へ風薫る (白川敏彦)

・風薫る曾良の菩提の正願寺 (小澤克己

風薫る5

百歳の余生すこやか風薫る (岡久枝)

・半世紀住み古りし街風薫る (大橋晄

   

2017年4月30日 (日)

俳句鑑賞 <蕪村の俳句「薫風や」は面白い>

         

与謝蕪村の俳句「薫風やともしたてかねついつくしま」が面白いと云うと、「何が面白いのだ」と不思議に思われる読者が多いでしょう。

この俳句は少なくとも4とおりの解釈が可能であるとチュヌの主人(薫風士)は考えています。 

インターネット歳時記の「薫風1」(2014516日作成)の冒頭に「薫風やともしたてかねついくつしま」とあり、その意味が全くわかりませんでした。そこで、「蕪村が字余りの俳句を平仮名を多用して作ったのは何故か?」好奇心から色々調べてみましたが、この俳句の意味を解説した記事は見当たりませんでした。

正岡子規の「俳人蕪村」(青空文庫)には「薫風やともしたてかねつ(いつく)(しま)」とあり、「いくつしま」は「いつくしま」のミスタイプ(入力ミス)であり、「薫風やともしたてかねついつくしま」が正しいことに気づきましたが、この俳句の意味が直ぐにはわかりませんでした。ところが、翌朝ふと句意の解釈を思いつきました。

(解釈1)「ともし」は「灯」であり、「かね」は「鐘」だろう、「薫風や灯し立て鐘つい突く島」である、と解釈できるのではないか? 

すなわち、「灯しを立てると鐘も突きたくなる宮島」を詠んだものであるという解釈です。

インターネット検索で検索すると、ホットライン教育ひろしま」というサイトに次の記事があり、この解釈が可能であることが裏付けられました。

仏教では,その宗教的雰囲気を高めるための多くの鳴物が使用されるが,それら梵音具(ぼんおんぐ)と言われるものの中で最大の梵鐘に属するもので,天正15年(1587)に豊臣秀吉が,島津攻略の際に持ち返って,厳島神社に寄進したものと言われ,応永5年(1398)の銘がある。     

広辞苑(第6版)の「ともし②」に次の解説があります。

(「照射」と書く)猟人が夏・秋の夜、山中の木陰に篝をたき、または()(ぐし)松明(たいまつ)をともして闇の中の鹿の眼が光に反射して輝くのを目当てに、これを射たこと。また、その火。(季:夏)

(解釈2)広辞苑の上記解説を「ともし」に当てはめ、「薫風や照射(ともし)立てかねつ(いつく)(しま)と読み、「鹿を射ちかねている」ことを詠んだ俳句であると解釈することも可能でしょう。

(解釈3)「薫風や灯し立てかねつ厳島」と読むと、「薫風で灯を立てかねている」句意であると解釈することも可能でしょう。

(解釈4)「かねつ」に「加熱」を当てはめ、「薫風や灯し立て加熱(かねつ)厳島」と読み、「灯火が沢山立って熱くなっている」ことを詠んだものであると解釈することも可能でしょう。

俳句では「中七」を字余りにすることは拙いとされていますが、蕪村は意図的に「ひらがな」の「字余り」の俳句にして、「掛詞」の俳句にしたものであると思います。  

どの解釈が妥当かご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。

  

投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で適宜公開させて頂きます。予めご了承ください。

  

2017年4月27日 (木)

高浜虚子と夏目漱石の「すみれ」の俳句で思うこと

  

高浜虚子は「怒濤岩を噛む我を神かと朧の夜」「その中にちいさき神や壺すみれ」という俳句を明治29年(1896年)に作っています。

その翌年に夏目漱石は「菫程な小さき人に生れたし」を作っています。

これらの俳句を翻訳する参考に当時の時代背景など調べようとインターネットで検索していると、明治29年(1896年)6月15日には「明治三陸大津波」が起こった記事がありました。

ウイキペディアの解説によると、

明治三陸地震は、震度が小さいにもかかわらず巨大な津波が発生し2万人を超す犠牲者が出た。これは、この地震が巨大な力(マグニチュード8.2- 8.5)を持ちながら、ゆっくりと動く地震であったためである[19

とあります。

東日本大震災は「明治三陸地震」の115年後に起こったことになりますが、発生から6年後の今も復興半ばで被災者や関係者のご苦労が続いています。

   

たまたまテレビニュースで、今村復興大臣の失言に伴う辞任問題を放映していました。失言のポイントは次のとおりです。

「(社会的資本の毀損も)25兆円という数字もあります。これは、まだ東北で、あっちの方だったからよかった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になったと思う」。

    

そこで、1923年(大正12年)の「関東地震についてウイキペディアを見ました。

素人が単純に考えるのは問題でしょうが、関東地方にも三陸地震と同じような周期に起ると仮定すると、2038年には関東大震災が再発することになります。

当時に比べると耐震構造などの地震災害対策技術が格段に進歩しているにしても、首都圏の人口やインフラの超過密状態を考えると、空恐ろしい気がします。

「東京一極集中を止めるべきだ」と叫ばれてから久しいが、実際には2020年の東京オリンピック開催など、さらに東京一極集中が進んでいます。    

防災技術の進歩だけでは大災害を防ぎきれない自然の脅威を謙虚に受け止め、効率優先の東京一極集中の政策推進は根本的に変えるが必要があるでしょう。

原子力発電の安全神話が崩壊し、「原発による安い電力の確保」も額面通りに受け取れなくなっています。

「東京一極集中の効率」も無災害状態の効率であって、一旦大災害が生じるとその効率は吹っ飛んでしまうのではないかと、老爺心ながら憂いを深めています。

   

一方、北朝鮮問題についても様々な報道がなされていますが、北朝鮮のミサイルが不正確でも原発周辺に落下するとどうなるのでしょうか?

かって日本が経済制裁を乗り切るために真珠湾攻撃をして太平洋戦争に突入したように、北朝鮮も「窮鼠猫を噛む」行動をするかも知れません。

日本の指導者が戦争末期には「一億玉砕」と戦意を煽ったと同じように、北朝鮮の独裁的指導者が「死なばもろとも」と狂気的政策を推進すればどうなるでしょうか?

国際問題の危機対策は、敵対心を煽る強気一辺倒の発言ではなく、「北風と太陽」の寓話にあるように、北朝鮮の人々への人道的配慮をして、平和的解決の対話外交の推進をする方が良策ではないか、と愚考しています。拉致問題も強硬手段では解決しないでしょう。

自然災害の対策や自衛処置・対策を講ずることは当然のことですが、政治家の皆さんには「我が身にも神坐すべし壺菫」という思いをもって、与党・野党の政略的対立ではなく、真に国民のためになる政策を協議してもらいたいものです。

  

2017年4月23日 (日)

深田公園でモモちゃんとププちゃんに会ったよ

   

チュヌは新緑のシュライン通りから深田公園を散歩しました。

可愛いモモちゃんとププちゃんに会い一緒に写真を撮ってもらいました。

三田屋本店の裏あたりは八重桜が綺麗でしたよ。

写真をクリック・拡大してご覧下さい。

ここをクリックする「深田公園」の写真集(グーグル検索結果)がご覧になれます。

Cimg2923

Cimg2882

Cimg2888

Cimg2801

Cimg2815

Cimg2823

Cimg2908

Cimg2911

Cimg2842

2017年4月19日 (水)

俳句「風光る」・写真特集(神戸メリケンパーク)

Cimg2793_2

Cimg2786_3

Cimg2787_3

Cimg2773_2

Cimg2778_2

Cimg2797

Cimg2788_2

Cimg2770_2

Cimg2789_2

季語「風光る」について、合本現代俳句歳時記(角川春樹編)は次のとおり解説しています。

「春光を吹き渡る風が光るように感じられるさま。やわらかな風が木の枝をゆらし、光が揺れ、まるで風と光とが同時にいのちを宿したごとく動く感覚を(とら)えて成した、みごとな季語というべきである。」 

  

シャープ電子辞書の広辞苑には次のとおり解説されています。

「春になってだんだん日光が強くなると、吹く風が何となく鋭く光るように感ぜられる。春風との同趣同工を避くべきである。」

    

ご覧の写真は先日チュヌの主人が神戸メリケンパークで写したものです。

    

復興のメリケンパーク風光る (薫風士)

風薫る開港記念音楽祭 (薫風士)

  

5月21日(日)には神戸開港150年音楽祭がメリケンパークで開催される予定です。

「BE KOBE」というロゴに興味が湧きインターネットで「神戸公式観光サイト」を見ると、次の記事がありました。

神戸市は、市民の皆さんが神戸に愛着を抱くことや、神戸市民であることを誇りに思う「シビックプライド」の醸成を目指しています。

BE KOBE」は阪神・淡路大震災から20年を機に生まれたロゴマークです。

「BE KOBE」を直訳すると、「神戸であれ」という意味になりますが、皆さんの心の中にある「神戸への想い」を「BE KOBE」に重ねて自由に解釈して頂くことで、神戸市民であることを誇りに思う気持ちの合言葉として定着させていきたいと考えています。

   

(青色の文字をクリックすると関連の解説記事や歳時記の俳句がご覧になれます。)

   

阪神・淡路大震災から22年過ぎ神戸は復興しました。 

東日本大震災熊本地震の被災の方々はまだ復興中でご苦労されています。チュヌの主人は心ばかりの「貧者の一燈」を捧げ速やかな復興を祈っています。

   

インターネット歳時記の「風光る」から神戸や海などを詠んだ俳句を目につくままに下記に抜粋します。 

風光る1

風光る海の匂ひの観覧車 (松木知子)

風光る2

風光る神戸元町パン工房 (池上幸子)

風光る3

沖の帆はひかりとなれり風光る (杉田さだ子)

風光る4

瀬戸内は海の十字路風光る (刈米育子)

風光る5

風光る八重の汐路を船速く (高谷栄一)

風光る6

風光るコバルト色の潮の帯 (山本浪子)

風光る7

海へ向くベンチに二人風光る (黒滝志麻子)

   

ちなみに、ここをクリックすると、グーグルで検索したメリケンパークの無数の写真がご覧になれます。

「NAVERまとめ」のサイトにメリケンパークの観光スポットの写真と解説があります。(ここをクリックしてご覧下さい。

「退職教授の見果てぬ夢」というサイトに「神戸メリケンパーク」という興味深い解説と写真集があります。(ここをクリックしてご覧下さい。

2017年4月13日 (木)

バイリンガル俳句鑑賞 <花疲れ眠れる人に凭り眠る(高浜虚子)>

Dscf0213

Dscf0227

4月8日は高浜虚子の命日「椿(ちん)寿忌(じゅき)」です。

日本気象協会の「桜開花情報」によると北海道東北地方北陸地方以外の都府県では満開です。

桜・花の俳句と写真を集めました(ここをクリックしてご覧下さい)。

(青色文字をクリックすると関連の記事がご覧になれます。)

ご覧の写真のようにチュヌの散歩道の桜も満開になりました。

この週末は雨模様でしたが、花見でお疲れの方も居られるでしょう。   

そこで、高浜虚子の掲句「花疲れ眠れる人に()り眠る」の英訳にチャレンジしてみます。

俳句の英訳をするにはその作者が句を詠んだ背景を考え、原句の句意を訳出する必要があります。俳句はその解釈を読者の想像にゆだねる特徴があります。日本語の情緒的な表現・ニュアンスを英語HAIKKUに訳出することは至難です。英語は論理的な構文が特徴ですから、俳句で省略される主語など、英語では省略することが出来ません。したがって、原句が詠まれた情景を考えて、省略された主語を補って英語のHAIKUにしなければなりません。

掲句の場合は少なくとも次の三通りの情景が考えられます

(A)  眠っている人に虚子がつい寄り掛かってうとうとした。

(B)  うとうと眠っている虚子に隣の人が寄り掛かってうとうとした。

(C) 互いに寄りかかってうとうとしている二人連れを虚子が見た。

虚子に寄り掛かったのはうら若い女性か、むさくるしい男か?

二人連れは若者か、老夫婦か、恋人同士か?

様々な情景が思い浮かびます。俳句鑑賞の楽しさ、面白さです。

     

俳句は「省略の文学」といわれますが、花疲れ眠れる人に()り眠る」も主語が省略されています。英語では主語の省略はできませんので、先ず(A)の俳句であると解釈して原句に近い英語Haikuに翻訳します。

hanazukare_

I dozed,

leaning against a person dozing

      

weblio英和和英辞典」によると、「花疲れ」は「tiredness after cherry blossom watching」と英訳されています。

この英訳を用いると説明的な散文になり、Haikuの面白さが損なわれますが、構文などを工夫して次のように英語Haikuにしてみます。

I dozed,

leaning against a person dozing_

fatigue from cherry-blossom viewing

  

HAIKUらしく簡潔に翻訳するには、季語「花疲れ」は「寿司」(sushi)や「すき焼き」(sukiyaki)などと同じく、季語は日本固有・俳句特有のものとしてそのままローマ字の「hanazukare」にせざるを得ませんね。

ちなみに、原句が「眠る」と現在形の表現ですから、上記の英訳の「dozed」を「doze」と現在形にすると、「花疲れをすると、・・・眠る」と習慣的行為を句に詠んだことになります。

     

ご参考までに、上記(B)(C)の解釈に準じ試訳してみます。

(B)

hanazukare_

I dozed,

someone dozed leaning against me.

     

(C)

hanazukare_

a man dozed,

a woman dozed leaning against him.

    

英語は同じ言葉の反復をきらいますが、上記の翻訳では原句の面白さを反映するために敢えて同じ単語を繰り返しています。なお、personやman、womanなどは実態に合わせて適切な名詞を入れ替えて俳諧味を出すとよいでしょう。

     

原句の句意と異なるかも知れませんが、花見時によく見かける車内の光景として次のように英語HAIKUを作ってみます。

hanazukare_

couples of people doze in a train,

leaning agaist each other

      

この「花疲れ」の俳句の最後は「眠る」と現在形ですから、花見の疲れという現象の一面の真理を詠んだものと解釈して次のように翻訳して見ます。

hanazukare_

people tend to doze

leaning against one another

       

興味のある方は「バイリンガル俳句・HAIKUを楽しむ <高浜虚子の俳句「春の山」>」もご覧下さい。

     

俳句をユネスコ世界無形文化遺産に登録する運動が

国際俳句交流協会などの俳句愛好者によって進められています。

チュヌの主人は言語の壁を破るチャレンジをして、

日英バイリンガル俳句を楽しみながら、

草の根運動の一助になればとの思いで、

俳句やエッセイなどのブログを書いています。

ご意見やコメントなど、投稿して頂けると有難いです。

投稿して頂く場合には「コメントを投稿」(記事の最後の欄)に、

次の手順で入力して下さい。

(1)名前の欄に貴方の氏名を記入。

(2)メールアドレスの欄に貴方のメールアドレスを記入。

(3)最後の「投稿」ボタンをクリック。

(4)上記の結果表示されるセキュリティの検証テキストを指示通りに入力する。

  

なお、ご投稿頂いた内容はチュヌの主人の任意の裁量で

適宜公開させて頂きます。予めご了承ください。

2017年4月 8日 (土)

俳句の英訳 <波音の由比ヶ浜より初電車(高浜虚子)>

48日は高浜虚子の命日「椿(ちん)寿忌(じゅき)」です。

そこで虚子所縁(ゆかり)の由比ヶ浜の俳句

波音の由比ヶ浜より初電車」

の英訳にチャレンジしました。

  

(英訳A)

虚子が「由比ヶ浜」から初電車を見て詠んものとする翻訳です。

the first train of New Year,

seen from Yuigahama,

waves of the beach sounding

  

(英訳B)

虚子が「由比ヶ浜」の駅から初乗したものとした翻訳です。

the first train I took New Year

left from Yuigahama,

the beach waves sounded

   

虚子が俳句を詠んだ背景はA・Bのいずれでしょうか?

実体をご存知の方が居られるなら、教えて頂けると幸甚です。