メイン | チュヌの雪遊び (Chunu plays in the snow.) »

2014年3月 1日 (土)

先輩の川柳

今日は主人の大学の先輩(西宮市在住の前川淳さん)の川柳を7句披露します。先輩は趣味のコーラスや社交ダンスもお上手な風流人で、今も元気に踊っておられます。

・逞しい歩幅老け込む気配なし

おばさんを舞姫にするコスチューム

・もう抜けぬ8020残さねば

・リストラで辞めてゆくのは屋台骨

・力まずに勤め上げたと亀の自負

・風切った肩も次第に丸くなる

・虫眼鏡使って覗く利子の欄

P.S.

川柳に興味ある方は投句して下さい。主人が気に入った川柳を掲載させて頂きます。ご寄稿頂いた川柳が掲載されない場合もあります。予めご了承ください。なお、ブログのコンテンツが増えていますので川柳は画面左のカテゴリの「川柳」をクリックしてご覧下さい。




















コメント

「まんぽ俳句会」に参加しませんか?
「まんぽ俳句会」は人それぞれが個性を生かして俳句を楽しむための敷居を低くし、
奥の深い俳句の世界へ飛び立つ「巣立ち」までの「巣箱」になることを意図しています。
 「まんぽ俳句会」の参加費は、
会場費・諸経費などの実費のみです。
親睦かいですので入会費や添削料などはありません。
お気軽にご参加下さい。
(薫風士)

チュヌの主人の先輩の川柳が新葉館出版から、
川柳作家ベストコレクション「前川淳」として出版されました。
本の帯には、「光陰と歩む いつか輝く 陽を抱いて」、
「短詩文芸誌に燦然と輝く、
第一線川柳作家によるシリーズ全200巻。
前川淳の柳言と秀句集」 とあります。
川柳愛好家の読者は既にご存知でしょう。
この本には、チュヌの便りの「先輩の川柳」に掲載の川柳も
幾つかあります。
前川氏の川柳への思いは、
高浜虚子の「去年今年貫く棒のごときもの」における俳句への思いや、
チュヌの主人のブログに取り上げた俳句への思いに通ずるものがあります。
ご一読下さい。

楠ケ丘会のリレーエッセーに
「社交ダンスへの誘い」という前川淳氏のエッセイがありました。
http://www.kusugaoka.jp/?page=essay/43
をクリックしてご覧下さい。

コメントを投稿