« 芭蕉300句の英訳チャレンジ(81~90) | メイン | 春眠やコロナウイルス寝るが勝ち »

2020年2月29日 (土)

芭蕉300句の英訳チャレンジ(91~100)

        

(91) 

ほととぎす啼や五尺の菖草

(hototogisu naku-ya goshaku-no ayamegusa)

    

a little cuckoo cries_

five feet of

shōbu-iris

  

(注)

この俳句は元禄5年5月(1692年)芭蕉49歳の作です。

古今集の和歌を踏まえています。

      

  

(92) 

たけのこや幼き時の絵のすさび

(takenoko-ya osanaki-toki-no e-no-susabi)

 

bamboo shoots_

bamboo-drawing was

my childhood pastime

       

   

(93) 

雀子と聲鳴かはす鼠の巣

(suzume-go-to koe-naki-kawasu nezumi-no-su) 

  

a nest of rats,

exchanging greetings

with baby-sparrows

  

(注)

「鳴き声交わす」は直訳せず、「exchange greetings」と翻訳しました。

   

   

(94) 

我宿は蚊のちいさきを馳走かな

(waga-yado-wa ka-no-chiisaki-o chisō-kana)

  

the hospitality in my dwelling_

smallness of

the mosquitos

       

   

(95) 

花は賤のめにもみえけり鬼薊

(hana-wa shizu-no-me-nimo mie-keri oniazami)

 

the blossoms

also seen by lowly man's eyes_ 

oni-thistles

 

(注)

この俳句は芭蕉23歳(1666年)の作ですが、ポイントは「賤の目には鬼は見えない」という諺を踏まえて俳諧味を出していることです。 

   

    

(96) 

木隠て茶つみも聞や時鳥 

(ko-gakure-te chatsumi-mo kiku-ya hototogisu)

    

behind the bushes

tea-pickers also listening_

the cuckoos

   

  

(97) 

鐘消て花の香は撞夕哉

(kane-kiete hana-no-ka-wa tsu-ku yūbe-kana)

   

the sound of temple-bell having diminished,

the blossoms smells_

the evening

    

(注)

「花」と「鼻」や「鐘を撞く」と「鼻を突く」など、同音・異句によるこの俳句の俳諧味を英語HAIKUに訳出することは不可能です。

俳句談義(13):「花」と「鼻」> 高浜虚子と芥川龍之介参照)

この俳句の解釈は様々です。新撰都曲」や「教員コラム」の解説記事をご参照ください。

  

              

(98) 

皿鉢もほのかに闇の宵涼み

(sarabachi-mo honokani yami-no yoi-suzumi)

      

the dishes in the dusk_

I enjoy

the evening cool

  

         

(99) 

ふるすただあはれなるべき隣かな

(furusu-tada awarenaru-beki tonari-kana)

  

(A)

the old nest_

simply pathetic

neighbor_

  

(B)

the neighbor_

simply pathetic

old nest

   

(注)

この俳句は宗波(芭蕉の弟子)に対する送別吟です。

(A)は日本語の語順通りの英訳です。(B)の語順の方が英語HAIKUとして句意が明瞭になるでしょう。いずれにせよ、be動詞は省略しています。

  

      

(100) 

木をきりて本口みるやけふの月

(ki-o-kiri-te motokuchi miru-ya kyō-no-tsuki)

    

the end of a tree

I just cut down_

today’s moon

    

(注)

1677年(芭蕉34歳)の作です。芭蕉はこの年にプロの俳諧師になり、4年間水道工事監督に従事したとのことです。

  

コメント

コメントを投稿