« 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (8) | メイン | 芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (4) »

2019年5月30日 (木)

芭蕉300句:言葉の壁を破る英訳チャレンジ (9)

Basho’s Haiku in English  (10/300)

 

・風吹けば尾ぼそうなるや犬桜

 kazefukeba obosounaruya inuzakura

   

(A) Translation by L. P. Lovee

   when the wind blows,

   the tail is dwindled_

   dog-cherry blossoms

    

(B) Translation by John White & Kemmyo Taira Sato

   as white blossoms blow

   away in the wind, the trees

   appear to dwindle

   

犬桜」の学名は「Prunus buergeriana」ですが、俳句用語に適しないので、原句の面白さを訳出するために (A)では文字通り「dog-cherry blossoms」と翻訳しました。

「尾」も「tail」と直訳しましたが、この俳句の情景や面白さが日本語の分からない外国人にも理解されるでしょうか、反応を知りたいものです。

B)の翻訳では情景は明瞭ですが、原句の面白さは全く理解されないでしょう。

   

 

コメント

コメントを投稿