« 蝉の俳句を鑑賞しよう | メイン | 「敬老の日」の「糸瓜忌」に思うこと »

2016年9月20日 (火)

先輩の川柳(2016.9.20) 

   

西宮在住の前川淳氏の川柳を7句掲載させて頂きます。

最近は詩性川柳など俳句と川柳の境界が曖昧になってきていますが、同氏の今回の投句にもその傾向が窺えます。       

 野仏がひっそりと立つ炎天下

 ほどほどの暮らし平和な水の音

 自分史のところどころにシミがある

 傷心のほころび縫ってくれた星

 公園にたむろするレイオフの群れ

 素知らぬ顔で光陰が滑り去る

 重箱の隅に潜んでいるヒント

   

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/655639/33944649

先輩の川柳(2016.9.20) を参照しているブログ:

コメント

チュヌの主人の先輩の川柳が新葉館出版から、
川柳作家ベストコレクション「前川淳」として出版されました。
本の帯には、「光陰と歩む いつか輝く 陽を抱いて」、
「短詩文芸誌に燦然と輝く、
第一線川柳作家によるシリーズ全200巻。
前川淳の柳言と秀句集」 とあります。
川柳愛好家の読者は既にご存知でしょう。
この本には、チュヌの便りの「先輩の川柳」に掲載の川柳も
幾つかあります。
前川氏の川柳への思いは、
高浜虚子の「去年今年貫く棒のごときもの」における俳句への思いや、
チュヌの主人のブログに取り上げた俳句への思いに通ずるものがあります。
川柳作家ベストコレクション「前川淳」
http://knt73.blog.enjoy.jp/blog/2018/10/post-fdff.html
ご一読下さい。

コメントを投稿